僕の血でよければ 2 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.78
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088900544

作品紹介・あらすじ

透先生への想いが日増しに強くなる純くん。好意を寄せてくる女の子が現れても、ヨソ見することなく愛を貫くのです。そんな中、透先生がついに婚約者と…!? 受け入れがたい事実を前に純くんは、ある決意を抱きます──。吸血鬼先生×小学生男子の禁断ラブコメ、怒涛の急展開!!
同時収録/[おさな、なじめば。][恋文ふぶき]

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全2巻読了。
    あとがきにあったように、本当に御伽噺のような終わり方だった。
    結城くんがどんな子だったのかもうちょっと知りたかったなぁ。
    他、読みきり2話とも良かったけど、特に「恋ふぶき」が好み。

  • また、私の中に一つ、殿堂入りのコミックスが誕生しました
    この『僕の血でよければ』、ホントに面白く、同時に、恋愛について深く考えさせられる青年漫画です
    主役の保健教諭・透が女吸血鬼(しかも、へっぽこ)ってのが大きいですね。しかも、好きになった相手が同族じゃなくて、不幸と不運を負ってしまっているけど、透と出逢えた事で生きる意味を見出す強さを持っていた美少年(その上、女装が異様に似合う)って、月子先生、また攻めてきてます、えぇ
    私は月子先生の作品を網羅してる訳じゃないけど、正直、これほど心が揺れる作品にはしばらく出会えそうもないですね
    血を舐める描写がどこかエロいんだけど、下品じゃなくて、お互いが自分の本心に気付いてないだけで好き合っているな、そう、しみじみと思える力強さが芯にありました
    全2巻で、表紙が一枚絵になるって点も最高と言えるんですが、やはり、最終回の展開が王道で、これ以上ないハッピーエンドで締め括られる点が、殿堂入りを果たした一番の理由だ。吸血鬼が登場する漫画らしくない、そこがイイのですよ
    また、収録されている短編もレベルが非常に高かったです
    月子先生は、長編、短編、どちらも質を落とさず、自分の言いたい事を漫画のカタチに仕上げられる、凄い漫画家なのだ、と改めて戦慄しました
    アブノーマルだからこそ「好き」の純粋さが痛いほどに伝わってきた『笛の音は旧校舎から』、近すぎたからこそ気付かなかった「好き」がどれほど重く、尊いかを感じた『おさな、なじめば。』、擦れ違い、届けられなかったからこそ、その「好き」を次の「好き」へと繋げるべきだ、と思えた『恋文ふぶき』、どれも月子イズムが色濃かったです。お勧めの作品をあえて一つに絞るなら、正道のラブコメが好きな私は『おさな、なじめば。』ですね
    この台詞を引用に選んだのは、自分の中にある可能性を、誰でもない自分が信じてこそ、窮地を脱せるんだ、と気付けたからです

  • おわったーー!!
    現実的な魅力的な女の子を振り払い、人間関係を乗り超え、御伽噺に至ったこのお話は、好きです。
    残りの短編二つ、いいです。
    やっぱ少女マンガは短編だなーー。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

5月14日生まれ。岩手県出身。
2000年に「別冊ヤングマガジン」にてデビュー。その後「モーニング・ツー」にて『彼女とカメラと彼女の季節』を連載。現在「ハツキス」にて『バツコイ』、「月刊!スピリッツ」(小学館)にて『最果てにサーカス』連載中。

「2015年 『つるつるとザラザラの間(4)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

僕の血でよければ 2 (ヤングジャンプコミックス)のその他の作品

月子の作品

ツイートする