ぎんぎつね 12 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.12
  • (25)
  • (37)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 298
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088902128

作品紹介・あらすじ

神主になりたい、という想いを由子の父・武光に伝えるものの、突き返されてしまった達夫。豊倉酒造の跡取りとして背負うものを顧みず、自分の事だけしか考えていなかった事を反省します。そして、悩みぬいた末に抱いたある決意を胸に、達夫は再び武光と向き合うのでした──。まことの両親が育んだ“縁"はいくつもの季節を重ね、引き継がれて交わり、また今年も例大祭が始まります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 12巻まで読破。巫女漫画でも妖怪漫画でもなく、神社漫画。
    ファンタジーだが、これほど神社のことをよく勉強して描いてある漫画はそうないだろう。リアリティがある。まるで神社をめぐるヒューマンドラマだ。
    絵は温かみがあって、キャラクターの描き分けが良く出来ていて、すーっと入って行きやすい。何より作者が登場人物一人一人に愛着を持っているのがすごく分かる!

    神社の娘・まことは活発で天真爛漫。性格の良さや元気さが伝わってくる。飾らないけれど魅力のあるキャラクター。(「宙のまにまに」の美星と似ている。)

    まことは神使の銀太郎と神社が大好きで、神主を目指して頑張っている。
    まことの家に下宿している悟の表情が、だんだん柔らかく明るくなってくるのもいい。悟は硬派な男子で、今時いないタイプでかっこいい。ツンデレなところがあって可愛いが、大人びた魅力を放つ少年だ。
    まことよりも悟の方が主人公かも知れない。

    そして、まことのお母さん・由子がとにかく美人!おしとやかで、可愛いのだ。

    そんなわけで、飾らない天然少女のまことも好きなのだが、自分が一番魅力を感じたキャラクターは悟と由子であった。

    久々にいい漫画に出会ったなと思っている。
    続きを読むのが楽しみ。

  • 過去編,まことの父と母の結婚まで.

  • 神主になりたいという想いを由子の父・武光に伝えるものの、突き返されてしまった達夫。
    豊倉酒造の跡取りとして背負うものを顧みず、自分の事だけしか考えていなかった事を反省します。
    そして、悩み抜いた末に抱いたある決意を胸に、達夫は再び武光と向き合うのでした。
    まことの両親が育んだ“縁”はいくつもの季節を重ね、引き継がれて交わり、また今年も例大祭が始まります。

    過去編完結と例大祭。
    いやー結構長々とがっつり描かれたなぁお父さんたちの過去編。
    個人的には由子さんが可愛すぎて、まことの本編よりも楽しく感じてしまった。まことの方ももう少し恋愛面動くといいんだけどな。
    達夫さんが恋を切っ掛けに目標を見つけ邁進していく感じがすごく良かった。ちょいちょい義友さんが達夫を眩しそうに見てるのが印象的。でも今の義友さんの生き方も悪くないと思うけどね。
    現代に戻ってきてついに例大祭。なんかちょっと吹っ切れたのか、まことに対して笑顔を見せた悟君の姿に安心した。まこともちょっとときめいたし、これは押していけば脈ありですよ。

  • 結婚式といえば神前婚。いいですね、白無垢もいいですが十二単!見てみたいですし、着てみたい。

  • あれ!?
    今度はまことちゃんも!?
    ちょっとちょっと、この二人どうなるの!?
    あー、でもこのままの距離感でいてほしい気もする…!
    この青春真っ盛りモード好き!

  • 悩んで悩んで、ようやく自分の決意を固めた達夫。
    由子の父に話をしに行くところは男前でした。
    お互いに思い合って優しい時間を共有しあった達夫と由子、羨ましいです。

  • 11巻から続く「過去編」。
    こうして達夫(まことパパ)は神主さんになったのですなあ。

    しかし、純愛すぎるぜ・・・。

  • 過去から今へ。

  • 2015年9月ここまで読了。
    神使がみえる女子高校生と、神使のふれあい中心の日常を描いたお話。

  • マコちゃん父母編終了。
    ものすごくかわいいお雛様のようなご夫婦。その後の別れを思うと切ない気持ちになります。
    早すぎる別離でも、とても幸せで暖かなご家庭を築いていたのが見て取れて幸せな気分になりました。
    これからの、悟くんやマコちゃんはどんな大人になるのかしら。淡い恋心も気になります。みんなが収まり良くまとまりますように!

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2008年、「ウルトラジャンプ」(集英社)3月号に掲載された読み切り『ぎんぎつね』でデビューを果たす。神社の一人娘・まことと神使の銀太郎を中心とした登場人物たちの触れ合いを描いた同作は、同年6月に再び読み切りでの掲載を経て、2009年6月号より連載を開始。現在も「ウルトラジャンプ」誌上で好評連載中。

「2016年 『ほいくの王さま(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ぎんぎつね 12 (ヤングジャンプコミックス)のその他の作品

落合さよりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ぎんぎつね 12 (ヤングジャンプコミックス)に関連するまとめ

ぎんぎつね 12 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする