ゴールデンカムイ 5 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.12
  • (89)
  • (116)
  • (52)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 983
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088903255

作品紹介・あらすじ

息を吐くように殺す!! 脱獄死刑囚にして殺人鬼・辺見が見初めたのは…不死身と呼ばれた元軍人・杉元。彼を殺りたい。殺られたい。辺見の歪んだ殺意と愛情が杉元一行に降り注ぐ…。そして、土方歳三の暗躍、第七師団内部の抗争!! 急転! 二転三転四転五転!! 試される大地・北海道で金塊を求め激突する正義と大義の第5巻ッ!!!!!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これはひどい(褒め言葉)。

    谷垣の主役級の活躍。
    いかれた鶴見中尉のもとにいるが、受けた恩をむげにはしないし、なによりマタギとしてアイヌの人々に親近感を持っているのだろうな。根っこは善人。
    逆に、杉本は善人らしく振舞ってはいるけれど一皮剥がしたら凶暴な顔を見せそうな不気味さがある。白石は気付いている。

    アイヌの伝統を大切にしつつ「イマドキの若者」らしくちょっとしたルール違反をしてみせるアシリパさんがリアルで可愛らしい。

  • あむあむ。はふはふ。
    とんでもない殺人鬼なのにこんな笑うことってある?

  • シャチ!!('p')

    あと谷垣('ω')

  • コミック

  • 再読。辺見以上の変態はもう出ないだろうと思ったがばんばん出てくるとは。谷垣・尾形、二階堂・鶴見中尉の三つ巴の戦いがお気に入り。

  • オガタとの対決、ばっちこ燃えたよね……!!!!!(机ばんばん)

  • 辺見さんの煌めき忘れない

  • 土方、鶴見、第七師団の造反者、谷垣、白石⁈それぞれの思惑が絡み合う。
    自然が不意に牙を剥く瞬間の描写がすごい。ヒグマ、シャチ…
    アイヌの新たな登場人物。アシリパさんのお父さんは⁈

  • 人の命がこんなに軽くて瞬時に消し飛ぶコミックはなかなか無いよねえ。ページめくったらいきなり見開きでヒグマに襲われてたり、ページめくったらいきなりシャチに襲われてたり、ページめくったらいきなりイトウに襲われてたり(これは生きてたけど)。執拗に策をめぐらせた挙句に死闘を繰り広げるターンと、自然の脅威に瞬殺されるターンの緩急が実に心地良い。展開する絵面は主にスプラッターだけどな。大筋での「北海道独立クーデター」計画は、かつての「蝦夷共和国」をもう一度、リベンジしたい新撰組副長な感じで、多少は共感できるけどな。

  • 辺見ちゃんや谷垣狩りやキロさん登場で盛りだくさん。
    役立たず所かキーパーソンだった脱獄王の今後も楽しみ。
    個人的には白石がいちいち杉元の顔色変わる度にビビってるのが気になる。

全56件中 1 - 10件を表示

ゴールデンカムイ 5 (ヤングジャンプコミックス)のその他の作品

野田サトルの作品

ゴールデンカムイ 5 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする