バイオーグ・トリニティ 8 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2016年1月19日発売)
3.49
  • (4)
  • (12)
  • (17)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 208
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088903330

作品紹介・あらすじ

フミホが… この世界が「明日もある」という保証など もうどこにもねぇんだぜ?
始まってしまったハンターとバイオーグの全面対決。藤井は21星上位に囲まれ、穂坂は21星No.2・リゲルと対峙と、戦いは苛烈さを増し続け…!? 恋は破壊で、恋は滅びで… そーかもしんないけど、そーかもしんないけど…な第8巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • またもやなんか、カオスになっとる。ついていけなくなってきたけれど、ついていくけどね。ベルウッドさん、いいなあ。8号コンビがきになるけれど、マスターセンセイあんまり出張んないんだよね。散るところがみたいな。

  • 藤井と9号のラブラブっぷりがすごい8巻。
    全然関係ないけどフミホってキャラクターとしての描写が厚いわけでは特になくて、それでもやっぱりメインヒロインなんだなーと再確認する。まあ物語の中核にいるっていう設定があるからそう見えるだけなのかもしれないけど。『ヒカルの碁』の藤崎あかりも似たような感じで、ほぼキャラとしてエピソード重ねられているわけでもないのに歴然たるヒロインの輝きを放っている。こういうのって小説だと見たことない気がするな。絵が物語る、というのはこういうところにも言えるのかもしれない。

  • どうやって収拾つけるんだろうという疑問はありつつ、綺麗な絵柄のバトルに見とれます。
    いつも裏に回っていた穂坂君が覚醒してちょっと嬉しい。
    三人で出かけられる日が来ると良いなと願います。

  • デネブってだれだっけ?

  • 相変わらずセリフ回しと語る内容が舞城王太郎らしい。

  • "「それともうひとつ。
    君はここにたどり着く前に 何度も致命傷を受け何度も死んで何度も生き返った
    ひとつ前に死んだ君と今の君が
    全く同じ人間だと言い切れるだろうか。」"[p.187]

    心臓をわし掴みにされたみたいにからの突然の物理に思わず笑ってしまった。
    本当に絵と動きと展開にどきどきが止まらない。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

漫画家。原画、イラストなども手掛ける。『エア・ギア』(KCDX)で第30回講談社漫画賞少年部門を受賞。その他の代表作に『化物語』(原作:西尾維新/KCDX)、『バイオーグ・トリニティ』(原作:舞城王太郎/YJC)などがある。

「2021年 『アンデッドガール・マーダーファルス 3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大暮維人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

バイオーグ・トリニティ 8 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×