バイオーグ・トリニティ 9 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.54
  • (2)
  • (12)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 176
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088903996

作品紹介・あらすじ

知りたいんだ 世界が壊れた日のことを
21星最高位のバイオーグ、デネブ。バイオーグ・ハンター1号、ネクロマリア。そして融合して二人で一人状態の藤井×穂坂。役者がそろい、ついにこの戦いの、この世界の現状の、全ての元凶となった「あの日」の真相に迫る──物語の核心へと近づく第9巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 7巻までは密度が丁度よかったが、それ以降は舞城節も維人絵も詰まり過ぎてて疲れた。ただ、ラストの引きは絶妙で、流石はミステリー作家でもある舞城王太郎って感じで、次巻も読みたくなった。

  • うぐっ、うぐぐっ! と、今回もすごい情報量で呑まれた……

  • よくわかんないけどなんか楽しくなってきたみたいな感じだ…… よくわかんない……

  • "「すみません ウチの穂坂がいつもお世話になりまして」
    「敬語はやめろ 俺の方が違和感あるぜ
    40年前は俺ら同級生だったわけだしな…です。」

    「んっ んーーー んんん?
    なんか今……とんでもないこと言いませんでしたか?さらっと」
    「だから敬語はやめやがれ です。
    そのツラで言われるとむしろムカつきやがるぜ です。」
    『この人がアホなのか…それともやっぱオレがアホ?
    まったく意味がわからな……』"

    よんっ……40年前??

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

漫画家。原画、イラストなども手掛ける。『エア・ギア』(KCDX)で第30回講談社漫画賞少年部門を受賞。その他の代表作に『化物語』(原作:西尾維新/KCDX)、『バイオーグ・トリニティ』(原作:舞城王太郎/YJC)などがある。

「2021年 『アンデッドガール・マーダーファルス 3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大暮維人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×