かぐや様は告らせたい 1 ~天才たちの恋愛頭脳戦~ (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.88
  • (31)
  • (36)
  • (34)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 395
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・マンガ (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088904320

作品紹介・あらすじ

「恋愛は告白した方が負けなのである!」
家柄も人柄も良し!! 将来を期待された秀才が集う秀知院学園!! その生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだが…何もないまま半年が経過!! プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに、“如何に相手に告白させるか"ばかりを考えるようになってしまった!? 恋愛は成就するまでが楽しい!! 新感覚“頭脳戦"ラブコメ、開戦!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 由緒正しき名門校、その生徒会トップの二人はお互いに惹かれあっていた。
    周りから見てもお似合いな二人。
    しかし、二人の間にはあるルールが存在する。

    「恋愛は告白した方が負け!」

    相手に告白させるために、二人の天才が頭脳戦を繰り広げるラブコメ!
    恋愛で頭脳戦というあらすじが気になって手に取ったら大当たりでした。
    こういう頭脳戦の無駄遣い好きですね。
    まあ、頭脳戦よりもすれ違いコントっぽい気もしますが満足してます(笑)
    ババ抜きとかお弁当とか、ありふれたネタをよくここまで面白くできるなと。恋愛要素よりも圧倒的にギャグ多めですが、そのノリとテンポの良さは見事。
    毎回のように出てくる、かぐやの「お可愛いこと」も癖になります。

    会長の白銀、副会長のかぐやの相手から告白させようバトルは、『北風と太陽』みたいだなと思うんですが、お互いに北風役で空回りしてる感じが面白いのかなと。
    そして、ここに太陽(という名の天然ボケ)である書記の藤原が伏兵のようにオチを持ってきたりして飽きさせないのもポイント高いです。

    4巻まで読了済みですが、今のところずっと面白いのでお薦めします。

  • 設定的に、読み進めると飽きてくるかなと思ったけれどそんなことは全くなかった。
    ふたりの心のやりとりがとても面白い。
    ちょこちょこ入ってくる藤原さんも良い味を出している。
    このかわいくて面倒くさい二人をくっつくかはわからないけれど最後まで見守りたい。

  •  不覚にも最近まで存在を知らず、アニメイトで最新刊の表紙を見て気になり、とりあえず1巻を探して読了。

     超絶級の天才美男美女。
     共通する恋愛観は「恋愛は好きになった方の負け」。
     恋愛に勝利するために、自分から告白はできない。
     お互い気になる存在でありながら「相手がどうしても言うなら付き合ってやっもいい」というスタンスを意地でも崩さない。
     ・・・という芯を貫いた作品。

     お互い、天才秀才の頭脳をフルに駆使して、相手の油断を誘い、告白の言葉を引き出そうとする。
     相手の思考を読み取り、回避し更に誘導する。
     これが恋愛じゃにければ、本格ミステリ級の読み合いになるであろうシーンも、テーマが恋愛なだけでコメディに落とし込める。

     この二人の緊張感に、全く無頓着に天然で場を引っ掻き回す書記のお嬢さんもいい効果を発揮している。
     最新刊まで追いかけないとなぁ。

  • 全く新しい形のラブコメです。デスノート版ラブコメというレビューがありましたがなかなか良いたとえ(あんなに天才な駆け引きないけど)。キレッキレなギャグだけでなく、キャラも非常に良い。2018年で読んだ漫画では最もクオリティが高いように思いました。お弁当の回のかぐや様の顔と暴言っぷりが最高です。「人の形をした家畜…」

  • 「恋愛は告白した方が負けなのである!」 家柄も人柄も良し!! 将来を期待された秀才が集う秀知院学園!! その生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだが…何もないまま半年が経過!! プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに、“如何に相手に告白させるか”ばかりを考えるようになってしまった!? 恋愛は成就するまでが楽しい!! 新感覚“頭脳戦”ラブコメ、開戦!!

    表紙がちょっと怖い気がしてたけど、蓋を開けてみたらすごい面白いし、可愛らしい話だった。
    お互いに意識しまくりなのに、好きになる、告白する=負けという謎の理論でひたすらに相手から告白させようとする二人のしょうもない戦いが実にシュールで面白い。
    表面上はきっともの凄く静かなんだろうけど、二人の胸中が熱すぎてほんと笑うしかない。
    かぐや様の筋金入りの箱入りお嬢様っぷりがまたいいね。ちょいちょいそのお嬢様生活ゆえの寂しさがあって応援したくなる。

  • お互い好意はあるんだけど、先に告白したら負け。だから相手に告白させなきゃ! …という男女の恋愛頭脳戦! である! ・・・多分(笑)
    ラブコメの、コメ成分多めな作品。キャラもいい味出してます。

  • この相思相愛状態でいつでも付き合えるような感じなんだけど、ココというところで妨害するのは真のヒロインかつ最凶ヒロインの藤原さんという図式。こういうタイプのラブコメは初めて見る。素直じゃないのか、ある意味素直なのか。

  • 絵が受け付けない。藤原書記は可愛いんだけど主人公のかぐやがイマイチ。ストーリーにもなじめず…

  • 天才たちの考えることは理解できないということですね。

  • web広告を見て興味が出たので購入(広告は電子書籍だった気がします。買ったのは紙の本です)。

    読みはじめは絵柄がちょっと安定しないかな~とか、主人公、特に白銀さんがあまり可愛くないな~(性格的に)などと思いながら読んでいました。
    読み終わった頃には、登場人物みんな可愛いな! 特に白銀さん! となっておりました。かくもひとの心は移りゆくものです。

    既にけっこうな巻が刊行されているようなので、ちょこちょこと読み進めていってもいいかな。来年1月のアニメは見るかどうか決めかねています。映像作品が苦手なのです。忘れなかったら見ようかとは思ってるのですが。

    6話くらいからテンポがよくなってきた感じがして、7話のかぐやさま、8話の白銀さん、10話の藤原ちゃん、がそれぞれとてもお可愛いことでした!

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家・イラストレーター。
透明感のある色使いに定評があり、VOCALOID『IA』のキャラクターデザインを担当するなど、ボカロ界でも注目を集めている。漫画の代表作に『さよならピアノソナタ』(電撃コミックス)などがある。現在『電撃マオウ』にて『ib -インスタントバレット-』を連載中。

「2014年 『ボカロ界のヒミツの事件譜 2 名探偵エレGYちゃん様のボカロPデビュー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

かぐや様は告らせたい 1 ~天才たちの恋愛頭脳戦~ (ヤングジャンプコミックス)のその他の作品

赤坂アカの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

かぐや様は告らせたい 1 ~天才たちの恋愛頭脳戦~ (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする