バイオーグ・トリニティ 12 (ヤングジャンプコミックス)

著者 : 大暮維人
制作 : 舞城 王太郎 
  • 集英社 (2017年6月19日発売)
3.69
  • (4)
  • (5)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :73
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088906904

作品紹介・あらすじ

この世界は密室でできている。
なぜ40年前の世界と、現在の世界は全く姿が違うのか? そのからくりを解き明かした藤井は、その根本の原因と、榎本芙三歩を殺した犯人が「彼女」であることに辿り着く。真相の裏に隠された悲しいほどの祈り──その想いを救えるか? ──物語の核心に達する第12巻!

バイオーグ・トリニティ 12 (ヤングジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 解答が出るとなんとなく、手持ちの札を切りまくる感じが、……捨て駒? 過程はどうあれ、こうなるんだなー。結果はマドまぎみたい。結果的には、……やっぱりマドまぎになるんかしら?

  • "「だからこの世界は何度も何度も
    同じ結末の無限ループを繰り返している
    もう 終わってしまった物語だから
    この物語に"その先"はないから。」"

全2件中 1 - 2件を表示

バイオーグ・トリニティ 12 (ヤングジャンプコミックス)のその他の作品

大暮維人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

バイオーグ・トリニティ 12 (ヤングジャンプコミックス)はこんなマンガです

ツイートする