東京喰種 トーキョーグール : re 12 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.02
  • (35)
  • (32)
  • (29)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 652
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・マンガ (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088906997

作品紹介・あらすじ

「24区の最深部と、隻眼の喰種…か」“全喰種の殲滅"を掲げ、「東京完塞」を試みる〔CCG〕新局長・和修吉福。そして、生み出された新戦力「オッガイ」。Qsの上位互換である「黒い子供たち」は、夥しい速度で“喰種"を狩り始めた。対策を余儀なくされた「黒山羊」は、「喫茶:re」を離れることを決意する。その刹那、訪れる執念の追跡者。東京24区。未知の地下空間。語られる「隻眼の喰種」の伝説。歴史が、次第に紐解かれてゆく──…!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 怒濤の展開で
    いよいよ物語も佳境かな( ´∀`)

    今となっては
    グール 対 CCGという構図は崩れ

    まともなグループ 対 狂ったグループ

    と言った感じやな(^-^)


    本編も面白かったけど

    今巻は巻末の四コマが爆笑でした(笑)

  • カネキとトーカが結ばれた!

  • カネキとトーカが結ばれた‼︎(//∇//)おめでとうっっ‼︎結婚・妊娠‼︎幸せになって欲しい‼︎‥…嵐の前の静けさ……【喰種】たちがどんどん追い詰められそうで怖いです(>_<)

  • 「24区の最深部と、隻眼の喰種…か」“全喰種の殲滅"を掲げ、「東京完塞」を試みる〔CCG〕新局長・和修吉福。そして、生み出された新戦力「オッガイ」。Qsの上位互換である「黒い子供たち」は、夥しい速度で“喰種"を狩り始めた。対策を余儀なくされた「黒山羊」は、「喫茶:re」を離れることを決意する。その刹那、訪れる執念の追跡者。東京24区。未知の地下空間。語られる「隻眼の喰種」の伝説。歴史が、次第に紐解かれてゆく──…!(Amazon紹介より)

  • 読了

  • -

  • 東京完塞を目標に喰種殲滅が進められている最中の第12巻。ゆがんでいくCCGの中でそれぞれがどう立ち回るのかが読ませる。
    前巻に引き続きキャラの関係性を描いていくように思うが、各々が大切な人に対して違った思いを持つのが良い。復讐心や愛憎、回復を祈ったり守りたいと思ったり…。キャラ数の多い作品かつ長く続いたからこそできることだと思える。
    そんな中カネキとトーカの描写に一番尺を使っている印象なのだが、まさか1話まるごと"それ"の描写に使うとは…という衝撃。小声の表現とか、暗がりっぽい描き方とか完成度は高いし、その後の展開を考えると必要だったのかもしれないが、そこよりももっと描いてほしかったのは二人の距離の詰め方。トーカからの感情は度々詳しく描かれてきたように思うが、カネキからはそうでもないように感じるのが惜しい。強引に段階が進んでしまったように思えてしまう。終わった後では思いがよき描かれてきているように思うので、もっと補充していってほしい。

  • 六月とモブに早く退場してほしい

  • ここまで無印から一気に読んだ。途中人が多くてわからなくなりそうでやめられず。もちろん面白かった!
    次の巻まで間あくと、復習しないとわからなくなるかも。

  • 生命の美しさ。

全22件中 1 - 10件を表示

石田スイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

東京喰種 トーキョーグール : re 12 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×