東京喰種 トーキョーグール : re 13 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.70
  • (15)
  • (23)
  • (24)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 380
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088907581

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「死神の時間ですよ」「隻眼の喰種」が開拓した東京地下24区。“黒山羊"がアジトを構える未開の地は、結ばれたカネキとトーカを、祝福する数多の声で溢れていた。一方地上では、新局長・和修吉福により、「喰種対策法違反」の罪で、裁かれようとする黒磐依子。運命の日は“4月23日"。24区へ侵入する「オッガイ」が、“黒山羊"を脅かし始める。まるで、「死」をふたつ重ねるように。「13」を背負った死神が舞い降りた時、カネキの頬を伝う“黒い涙"が辛辣な残り時間を告げる──…!?(Amazon紹介より)

  • 読了

  • -

  • 主要キャラのほとんどに絶望的な展開が続く第13巻。CCG内部と黒山羊本拠地で起こることとを同時進行しながら、吉福の底知れない考えを描いていく。各キャラの思いがここまでくると結構色々な準備がされてきているので、それぞれの最期の局面もていねいに描かれているようす。それぞれ見せ場が合ってくれそうなので期待していきたい。
    工夫を凝らした演出が相変わらず光るのだが、少々奇を衒い過ぎているという感も否めない。逆に展開が読めてしまうような雰囲気があったところもちらほら。金木の心内描写は好き。

  • カネキがオッガイ食べたらどうなるか?

  • 一体どうなるんだ!?ちゃんと伏線が回収されることを願ってやまない。

  • 残念だった。

  • 何が何でも失いたくないものがあるから、力を求める、残酷になれる。
    妻子を得て、カネキの悪い癖がさらに酷くなったみたいですね。
    全シリーズの最後を反復したようで、少しずらして展開してきた。
    庇護欲の化物はあらゆるものを喰らい尽くす勢いで暴走。
    行き着く先には何があるのか?

  • ばんばん登場人物がフェードアウトしていく。以前もこんな展開を見たような……。
    「うろんの母」がかなり好みのデザイン。もう少し戦闘が見たかったなあ。
    カネキさんが覚醒した所で終わったので先が気になります。そろそろ作品も終わりなのかな。

  • トーカ
    お前はただ見てるわけでも
    なにも出来ないわけでもない

    守るものがほかにあるだけだ
    …そうだろう

    ヨモおじさんかっこよすぎ。

全18件中 1 - 10件を表示

東京喰種 トーキョーグール : re 13 (ヤングジャンプコミックス)のその他の作品

石田スイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

東京喰種 トーキョーグール : re 13 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする