銀河英雄伝説 9 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
制作 : 田中 芳樹 
  • 集英社
4.07
  • (13)
  • (18)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 187
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088908571

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • はぁ~また良いところで終わっているなぁ(^_^;)原作で読むのもいいけれど、漫画でじっくりと読むのもいい!名将が亡くなるのは悲しいけれど、嫌な奴がいなくなるのはスッキリ!という事でフォーク准将が倒れる様が小気味良い(  ̄ー ̄)

  • 同盟軍第十〇艦隊Wùlánfú(烏蘭夫)中将と
    帝国軍Bittenfeld中将の激戦で
    Wùlánfú中将が戦死した衝撃が強過ぎて悲しくて遣る瀬無く、
    登場人物の同盟軍側では非常に好感を抱いていた事に気付き、
    気持ちが漸く落ち着いてきました。

    此程部下と敵でありながらも
    帝国軍から敬礼をされる人物は然う然う居ないと
    彼の人と為りに感服しました……。

    今巻の主人公は烏蘭夫中将と言っても過言ではありません。

  • 熱い展開。
    ウランフ中将の最後のシーンは涙が。
    そしてついにポプラン登場。

    キルヒアイスとラインハルトの心の繋がり、ヤン対ラインハルト・キルヒアイスのライバル同士の総力戦に目が離せない。
    ヤンは早く降りたそうですが。

    これだけの戦いを混乱なくさくさく進めていく藤竜先生の手腕に脱帽です。

  • ストーリーや描写には満足。登場人物が増えてきたので、旧作キャラクターとの違和感が増したかな。中途半端に似てるので余計なのかも。ところで、この作品ではフェザーンは都市伝説的な存在なんですね。どう扱われていくのか楽しみです。

  • ラインハルトを重用し過ぎだと皇帝に進言するシーン、原作では皇帝の真意がこんなに分かりやすくは無かったような気がしますが(こうだったっけ?)、結構このシーンが好きだったりします。人生に飽いているというか投げやりというか他人事のような、帝国の終焉を予感している、意外と賢帝なのかもと思わないでもない(笑)

全5件中 1 - 5件を表示

銀河英雄伝説 9 (ヤングジャンプコミックス)のその他の作品

藤崎竜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

銀河英雄伝説 9 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする