銀河英雄伝説 11 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
制作 : 田中 芳樹 
  • 集英社
3.83
  • (8)
  • (15)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 187
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088911403

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • キルヒアイスの辺境平定の話。細かくエピソードが描かれていてキルヒアイスの有能さがよくわかる。よくわかるとオーベルシュタインのNO2不要論がよりリアリティをもってくる。オフレッサーこわすぎ。

  • ラインハルトと貴族連合軍の戦い。辺境を平定していくキルヒアイスの見せ場が多い巻。嬉しいけれど、この後の展開を考えると寂しくもある。

  • リップシュタット戦役開幕。
    シュターデン・オフレッサー・リッテンハイム候撃破まで。

    ベルゲングリューンのキャラが違うんじゃないかと。
    キルヒアイスに心酔し過ぎじゃないですか?叱られて泣き、褒められて泣き。直属の上司に対する忠誠心が過ぎるから、感情に過度に現れるということなのだろうけど、あれでは後の彼の言動が自己陶酔の結果と見えてしまうんじゃないかなぁ。
    憧れと忠誠心と追従を混同してしまって区別できないキャラは、トゥルナイゼンで十分と思うんだけどなぁ。
    違うんじゃないかなぁ。

  • 帝国内で内乱中のあたり。

  • キルヒアイス、王様だなぁ。
    ラインハルトの覇道とキルヒアイスの王道。
    この二人の未来を書いてみてはもらえないものかなぁ。

    皇女殿下とその父上さまにおかれましては、己が頭上に降る数多の犠牲者たちの姿をみて、己らのしでかしたことに気づいてほしいものだが、気づかないんだろうな。

    ミンチ製造機上級大将は、絵でみるとえぐすぎるものが。
    でも罠が単純で笑ってしまった。

    蜂蜜の君もヘテロクロミアの君も、仲がよくて微笑ましい。

    未来の嫁さまは、しゃべり方がお嬢様なんだなーと、そこだけは婦女子であらせられるなーと。
    でも、大将は頭の回転の方に目がいってるんだろうな(笑)

    総じて、キルヒアイス伝説だけえんえんと聞いてたかった気がします。

  • 貴族のアホアホぶりが面白いを通り越して、なんだか悲しく感じる(´д`)ヒルダちゃん原作よりお転婆すぎるぞ~(^^;)オフレッサーは本当に化け物だし(--;)キルヒアイスのいいエピソードだけで一冊描いて欲しいな~♪

  • MariendorfがReinhardtに対し
    自らの望みを憶する事なく述べている姿勢に
    彼女の意思の強さと覚悟を垣間見た感じが見受けられます。
    又彼の姉を通じて知り合った二人の距離が少し近付いた様にも感じられます。

    それから崩御された皇帝陛下の孫の一人Sabine皇女…
    容姿は愛くるしいのに性格が余り良ろしくないですね。
    初登場の時はその様に感じなかったのですが、今巻でこの様に感じました。
    味方の補給部隊に攻撃を仕掛けたので
    父親は何某かの責任追及はあると思いますが、
    敗退しても皇女殿下は慎ましく生き長らえて欲しいです。
    今巻でSabine皇女の所作が感じ入れました。
    今後はもう一人の孫Elisabeth皇女の人となりも知れたらと思います。

    今巻のもう一つの見所は部下達のKircheis談話です。
    彼がどれ程部下や民衆に親しまれているかが知れ、又面白かったです。

  • リップシュタット戦役序盤~中盤戦。
    vsシュターデン、vsオフレッサーの各戦も
    さることながら、やはりオリジナルエピソードを
    交えつつ描かれるキルヒアイスがいいですね。
    アニメシリーズに比べてゴツめのキルヒアイスは
    最初違和感があったんですが、
    本巻ではその素朴な人柄がより強調されて
    いい感じの「アニキ」っぽさになっています。
    まあ…「この先」への伏線なのでしょうけれど。

  • 表紙絵、派手な王冠だなあ、と思ったら、あらヨーゼフ2世が被っていたのね。王冠ばかり目立って影薄いわ~~。今巻はラインハルトの部下面々の良いとこ見せ。ところでこの時代、キーボードってまだ使ってるのかな?(@メルカッツのお手紙シーン)

全12件中 1 - 10件を表示

銀河英雄伝説 11 (ヤングジャンプコミックス)のその他の作品

藤崎竜の作品

銀河英雄伝説 11 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする