ウマ娘 シンデレラグレイ 7 (ヤングジャンプコミックス)

  • 集英社
4.49
  • (22)
  • (11)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 436
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088923024

作品紹介・あらすじ

大波乱のジャパンカップもゴール目前!! 先頭争いを繰り広げるオベイユアマスターとタマモクロスだが、その背を捉えんと食らいつくオグリキャップの姿…! 世界最強級が揃うジャパンカップを制するのは果たして…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • レース演出の迫力すごい。新キャラ(???)のディクタストライカが表紙を飾っているが、彼は男キャラだからいつものウマ娘にはないような空気感を味わえた。バチバチに闘争心むき出しだから今後どんな闘いを見せてくれるのか楽しみ。ライバル同士闘志を燃やす様子にこちらも熱くなる

  • 刊行から丸2年近く遅れ、今頃読み進めてる7巻。てか、この展開を前に、よく買ってから1年近く積んでたなあ、と思うわ…やはりコミックはどんどん買って読まないといかんね。さてタマvsオグリのジャパンカップ。とは言いながら、今より海外馬との格差が相当強烈だった頃の描写だからなあ…トニビアンカ(トニービン)て、チケゾーとか女帝とかジョーダンとかポケットとか、ウマ娘でもわんさか出てくるのの祖だしね。それすら破った伏兵・オベイさんの作戦勝ちだあね。で、次の有馬がタマのラストラン。オグリは足りない「なにか」に手が届くのか…

  • ジャパンカップの結末と、有馬記念開幕。
    滅茶苦茶少年漫画的で、熱い。
    実際のレースを観たけど、あの僅かな時間のレースにこれだけの攻防があり、それをこの濃さで描ききったことに、改めて凄みを感じます。
    有馬も楽しみ。

  • う~ん

  • ■書名

    書名:ウマ娘 シンデレラグレイ 7
    著者:久住 太陽 (著), 杉浦 理史 (著), 伊藤 隼之介 (著), Cygames (原著)

    ■感想

    ジャパンカップの決着とオグリの苦悩、有馬記念への布石という一冊です。
    単純にレースをするだけだと盛り上げられないと思い「ゾーン」という技?表現?
    能力?を出したのだと思うけど、これのおかげでレースが描きやすくなっていると
    思う。
    でも、これワンピースの覇気と同じで後になるとほぼ全員が使える設定になってしまう
    と思うので、失敗のような気もする・・・・
    オグリが弱くなる理由と、他が強くなる理由を上手く表現できればいいけど、ゾーンが
    逆に邪魔になりそう。
    次の有馬記念で漫画が終わるのであれば、何も問題は無いけど、オグリの引退まで描く
    のであれば、なかなか難しそう。
    ゾーンセカンド、新ゾーンとか出すのかな???

    まあ、そこら辺は置いておいても、単純な陸上漫画として面白い漫画だと思う。

    しっかり熱い展開が準備されているし、挫折、苦悩、それぞれの想いもしっかり
    描かれている。

    次の有馬記念は楽しみ。
    もしも次の有馬で終わらないのであれば、オグリの引退まで漫画が続くのかな?
    それはそれで楽しみ。

  • この巻も非常に面白かった。スピード感といい挫折があって、これから有馬記念に向けてどのようなバトルになるか非常に楽しみだ。JCは史実通りだから仕方がないとは思うが、イナズマに勝ってほしかったな。

  • ウオー!オベイユアマスターウオー!ディクタストライカウオー!

  • レースの最終盤になって先頭争いに加わってきたオグリの姿には震えてしまう……!
    でも、そうやって最終盤の争いがたった3人にフォーカスされた事でタマモやオベイユアとの差が明確になってしまう描写は残酷……
    前巻でも感じたオグリとタマモの差。今巻はそれが突き付けられた形だね


    話は有馬記念へ。タマモが出てくるのは当たり前として、ディクタストライカも関わってくるのか。あまりレースシーンが描かれてこなかったからどういうウマ娘なのかイマイチ判らなかったのだけど、どうやら三強と称される程の実力者のようで

    そういったライバルと競うにはただ速いだけじゃ足りない。というか足りないからタマモに連敗しているわけだし
    そこで話題に上がるのが“領域(ゾーン)”ですか。他のスポーツでもよく耳にする単語、タマモなどがそこに到達しているのは納得できるとして、鬼気迫る表情で幾つものレースを制してきたオグリがまだだったのはちょっと意外
    最近は“領域”への入り方について研究が深まっているようだけど、だからってそんな簡単な話とはならないわけで

    そこでオグリに対し、2方面から彼女の実力を底上げするアプローチが取られているね
    一つは同郷の仲間達との再会。北原再登場はその少し前に示唆されていたから納得だけど、ここでマーチ達まで登場するのは予想外ですよ……!
    以前にもオグリが目標を失いかけていた時にマーチの激励に拠って走る活力を取り戻したように、失意に沈んでいたオグリに再び走る楽しさを取り戻す役目を彼女らが担ってくれたという点が何よりも美しい光景ですよ!

    もう一つはディクタの挑発だね
    これまで物語の表舞台とそこまで関わってこなかった彼女。どうやら彼女の始まりはオグリが中央に来る前に存在していたようで
    好調から不調に落ちていた彼女が勝利を渇望する中で密かに認めていたライバル
    だからこそ、オグリにこれ以上不格好なレースをして欲しくないなんて気持ちが芽生えたのかもね
    これはまさにツンデレだ(笑)

    そして、もしかしたら更なるアプローチになったのかもしれないのがタマモの告白か……
    このタイミングでラストラン宣言する理由は皆目判らないけど、ここでタマモを勝たせてしまったらそれこそ勝ち逃げされた状態になってしまうし、まだ勝てていないオグリもライバルとして立つ瀬がない
    いつの日かマーチに放った言葉が自分に帰ってきたような状況。タマモを引き止めるには言葉ではなくレースで、という話になる
    と言うか、彼女らの場合、レースでこそ本音が包み隠さず出てくるのかもしれない


    注目株となった4名のウマ娘が彩る有馬の舞台。強敵たちを前にしてオグリはどのようにしてレースを「楽しむ」事になるのかな?

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1985年生まれ。漫画家。『ウマ娘 シンデレラグレイ』の作画を担当。

久住太陽の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×