キングダム 66 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.92
  • (13)
  • (30)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 418
感想 : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088924250

作品紹介・あらすじ

過去最大規模の激突! 紀元前233年 秦趙宜安決戦
趙国王都・邯鄲を攻略すべく、趙北部・宜安からの進路を選択した秦国。
しかし、戦線に復帰した李牧は圧倒的な兵力を宜安に集結させ、秦軍を待ち構えていた。
かつてない規模で開戦される宿命の秦趙決戦。包囲された秦軍に勝機は!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まあまあ。次回どんな作戦でくるかな?

  • 大好きな蒙恬がたくさん見れそうだ!!!と、ワクワクしながら読み進めてみたら、あんまり活躍のシーンがない、残念。だが、愛閂が大活躍。好きな巻だな。

  • 王翦(おうせん)率いる秦軍は趙北部を押さえようとするが、それ自体が李牧に誘い込まれたものであった。李牧は秦軍を迎え撃つために入念に準備していた。王翦は北部進軍中の趙軍の頑強な抵抗によって直属の兵力を損ね、桓騎に指揮をバトンタッチする。

    桓騎は軍を進めるが、李牧が密かに集めていた大軍に包囲され、窮地に陥る。主人公の活躍を描く物語の展開上、敵の軍師は主人公の引き立て役になってしまう宿命があるが、この巻の李牧は天才軍師ぶりを見事に発揮している。

    『キングダム』は秦の中華統一を描く漫画であるが、趙が侵略される側であり、趙に感情移入して読んでしまう。現実世界ではロシア連邦がウクライナを侵略している。秦王は中華統一という理想を掲げているが、侵略される側にとっては迷惑であり、独善的な理想である。この独善性はウクライナを自国の支配下に置こうとするロシアの連邦意識と重なる。李牧はゼレンスキー大統領に重なる。

    ウクライナという主権国家に侵略するプーチン大統領は何を考えているのかと言いたくなる。プーチンはソビエト連邦意識を未だに持っているため、ウクライナを独立国と認めず、主権を尊重する意識がないのだろう。連邦という意識が弊害である。同じように天下統一という理念も侵略される側からすれば害悪でしかない。

    侵略から国を守ろうとする李牧に感情移入している上、桓騎は捕虜を大量虐殺した悪逆の人物である。桓騎の敗北を期待する思いがある。史書では桓騎は李牧に敗北しており、期待が高まる。

    しかし、まだまだ桓騎は不敵な顔をしている。李牧はドヤ顔で桓騎の弱点を解説するが、その直後に桓騎は予想外の動きを示す。これまでも桓騎は本心を隠して不利な状況から奇策で逆転した。桓騎の予想外の動きを見た李牧の顔には汗があり、引き立て役の敵軍師になってしまいそうである。桓騎のどんでん返しはあるだろうが、どんでん返しのどんでん返しを期待したい。

  • 桓騎の布陣の意図が気になるー(>_<)

  • 敵国の士気の高さ、圧倒的な兵力の差にどうやって立ち向かうんだろうと、今回もワクワクドキドキする内容でした。羌かいが可愛い。

  • 今回も迫力満点。一気に読ませていただきました。

  • 宜安戦開始

  • ずっと同じ様な盛り上がり

  • 最高です

  • カンキ最大のピンチって感じで、なかなか詰められているのが面白い。ただ、その中でも蒙恬と信で脱出ができたのはいい山場って感じでよかった。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

佐賀県出身。2003年、第23回MANGAグランプリにて読切『覇と仙』が奨励賞受賞。2006年、週刊「ヤングジャンプ」9号から『キングダム』を連載開始。2012年にはNHKでTVアニメ化、2013年には第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。デビュー前の職業はシステムエンジニア。

「2018年 『武器を磨け』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原泰久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×