キングダム 67 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.29
  • (25)
  • (32)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 429
感想 : 17
  • Amazon.co.jp ・マンガ (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088925684

作品紹介・あらすじ

六将・桓騎対三大天・李牧! 飛信隊と楽華軍が離脱し、趙軍に追い詰められた桓騎中央軍。“桓騎の弱点”を突き、盤石な攻勢を仕掛けた李牧だが、突如桓騎は布陣を開始する。見たことのない陣形に戸惑う李牧軍。不敵な笑みを浮かべる桓騎は、包囲を突破し、秦軍に僅かな望みを繋げるか…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 桓騎の過去、怒りの源泉

  • 謎だらけの桓騎将軍の過去が分かった。残虐なのにはちゃんとした理由が。好きになりました。

  • 2023 1/30読了

    面白かったです。
    物語は現在時間での攻防と、
    かんき将軍の過去との2つで進みます。
    果たしてかんきの内にある感情とは? それは過去を紐解くことで明かされ、
    李牧VSかんき  勝者はどちらなのか? それはきっと、かんきの内にある感情が勝敗の鍵となってきます。

    砂鬼一家の過去が秘密がそのまま、かんきの過去であり秘密であり、そこにかんきの感情のオリジンが。
    それを知り、そして、李牧と戦うかんきの、その瞳に映るものが…彼が見ているものがわかる時が、その勝敗の結果となる。

    この巻はその冒頭にあたる物語となります。

  • かんきの過去が語られる巻。
    目が覚めるし、やはりキングダムは面白い!!!

  • 李牧の罠にハマった秦軍。飛信隊と楽華軍が離脱し、追い詰められた桓騎中央軍は包囲を突破することができるのか…。

    表紙の男の子、誰?と思ったら、なんと少年時代の桓騎でした。桓騎一家の、ひいては砂鬼一家の成り立ちが語られますが、まだまだ謎が残ります…。

  • 桓騎、、残虐すぎて嫌いだったけど、、
    桓騎と砂鬼一家の過去を知ってなんとも言えない気持ちに。。

  • 記録
    ファルファルファル

  • 秦趙ぎあん決戦 続き
    桓騎の過去話
    ぎあん城攻略

  • 最近また面白くなってきた。
    桓騎、かっこいい。すきになった。
    蒙恬をもっとみたい。

  • おもしろい回だった。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

佐賀県出身。2003年、第23回MANGAグランプリにて読切『覇と仙』が奨励賞受賞。2006年、週刊「ヤングジャンプ」9号から『キングダム』を連載開始。2012年にはNHKでTVアニメ化、2013年には第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。デビュー前の職業はシステムエンジニア。

「2018年 『武器を磨け』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原泰久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×