ぺぱぷんたす vol.1 (OYAKOムック)

著者 :
  • 小学館
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (116ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091016492

作品紹介・あらすじ

紙と子どもとデザインと。新感覚ムック誕生

紙の世界はデジタルの世界と違い、実際に触れることができる“実体験”に満ちています。感性の塊である子どもたちに向けて、五感を刺激する紙に触れ、感じ、想像力を育むことができる、ワクワクと発見がギュッとつまったMOOKです。
【豪華アーティストによる、楽しい企画がもりだくさん!】
・谷川俊太郎/詩「ぺぱぷんたすのうた」
・湯村タラ/シールたっぷり!「タラちゃんきせかえシールあそび」
・中村至男/無限ループカード「ずっとめくるマン」
・Bob Foundation/夜になると違う絵柄があらわれる! 「夜ひかる! 世界地図特大ポスター」
・鈴木のりたけ/くみたてふろく「ふしぎボックス」
別冊付録・新感覚の白熱ゲーム「めくって、たどって、ゆび で対戦 メクルタドール」
・荒井良二/絵本「とつぜん」
・ミロコマチコ/イラストエッセイ「ねこはかみがすき(出演:ソトとボウ)」
・小川かなこ/「きいろきのこちゃんの冒険」
・太公良/「ビックリーチャー虫眼鏡」でみる不思議な世界
・tupera tupera/きって、ねじって、かみきりあそび! 「ヘアチョッキン!」
・せなけいこ/「はりえきょうしつはじまるよ」&「おばけトレペ」
・cochae/「折り切り紙 お話しげきじょう」
・大日本タイポ組合/「かみかくしもじ」「かみあわせもじ」「かみかざりもじ」
・100%ORANGE/100%ORANGEと一緒につくる想像絵本「ヘタクソペンギン」

【編集担当からのおすすめ情報】
子どもにとって紙は身近な素材であると同時に、不思議な存在。破ったり、切ったり、丸めたりすることで、形が変わるし、綴じれば本になるし、何かをくるめば包みになるし、折れば空を飛ぶことだってできるのだから…。そんな、自由で、変幻自在な紙だからこそできることを、そして想像の羽を子どもたちにもっと広げて欲しい、そんな思いで、デザイナーの祖父江慎さんのもとにコドモゴコロを持ったアーティストが集結! 個性が光るページを、ぜひお楽しみください。

また、たくさんの紙が使われているこのMOOKですが、さらに! 見るだけでワクワクする、蛍光ピンクと蛍光イエローの紙も綴じ込みました。 それぞれの紙の手触りや匂い、重さなども、感じていただけるとうれしいです。

小学館の作品

ツイートする