菊池亜希子 おしゃれのはなし。: ずっと変わらず好きなもの (キャンキャンオッジムック)

著者 :
  • 小学館
4.57
  • (247)
  • (99)
  • (24)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 1150
レビュー : 126
  • Amazon.co.jp ・本 (98ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091036230

作品紹介・あらすじ

注目の“あっこファッション”全て見せます

リラックス感と、手間かけ感と、ちょっととぼけたかわいさと。 独自の“あっこファッション”で圧倒的な支持を集める、モデル・女優、菊池亜希子。PSで人気モデルとして活躍、話題の“OJIガール”のアイコン的存在として注目を集めています。一方で著書『みちくさ』がヒット、2010年10月に初主演映画公開など、今最も活躍が期待される彼女の、初めてのファッションスタイルBOOKをお届けします。

この冬の最新スタイルから、過去のあっこスタイルのアーカイブ、センスが光る小物コレクションを一挙公開。今話題の、おじさん風でかわいい “OJIガール”スタイルなど、あっこファッションの全てをお見せします。
加えて、温かな目線と語り口でファンを集める、本人によるイラスト&エッセイもたっぷり掲載。

リリー・フランキー氏との“OJIトーク”、プライベート写真満載で送るあっこヒストリー、アーティスト・SUNUI氏とのコラボによる付録カレンダーetc.…
今のあっこが考える、“おしゃれすること”がぎっしり詰まった1冊です。




【編集担当からのおすすめ情報】
ずっと手元に置いておきたくなる、とっておきのかわいい1冊、できました。みんなが大好きなあっこ、初めて見るあっこ、いろんなあっこに出会えます。初版限定で、アーティストSUNUIさんとのコラボによるあっこカレンダーも付いてます!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『みちくさ』を読んで、「師匠」と呼びたくなってしまった菊池亜希子さんの本。
    期待通り可愛い本で癒される。
    『みちくさ』より写真多めだけど、可愛いイラストも多数。
    洋服の話、小物の話、旅の話、24時間の話、手芸部の話、なんと年表まで(小さい頃の写真可愛い♪)。
    すごく読み応えがあって満足。
    でももっとのんびり読めば良かったな…と少し後悔。また読み返そう。

    ファッション雑誌とか、洋服の本を普段は読まないけど、こうして菊池さんの着ている服を見ていると可愛いなぁと思う。
    さすがモデルさん。プロってすごいですね。

    特にリュックが欲しくなってしまった。
    小さいのしか持ってないからちょっと大きめのリュック。

    でも真似じゃなくて、自分のスタイルに合ったものを選ばないとなぁと思わせられる本でもあった。
    自分が好きなものと自分に似合うものをちゃんと分かっている、菊池さんはやっぱりすごい。

  • 何から何まで素敵。
    大好きがつまってる。

    ぼーっと眺めながらページをめくるだけでも楽しい。

  • ☆4.8
    唯一好きな芸能人。ファッションも文章も絵も楽しめたよー。
    可愛いアイテムいっぱい。自分らしくて好き。

  • 大事な洋服を大事に着るっていいなぁって思う。

  • '気に入った映画は必ずサントラを買う。聴きながら主人公気分で街を歩くのが好き。いつもの風景が妙にドラマチックに見えてくる。'
    'ユーモアは大人の余裕。あくまでもさりげなく。きちんとしている人だからこそ、一点のユーモアがきらりと光る。そんな大人になりたいものだわ。'

  • かわいすぎる。好みすぎる。

  • 菊池亜希子かわいい

  • 大好きな菊池亜希子さんのお洋服の本。とても可愛くてゆるゆるしてて良いです。パラパラと眺めるだけで幸せ。体型も顔形も全然違いますが、ファッションの参考にしています。お洋服も雑貨もとても眼福です。あっこさんのセンス、好きだなぁ。

  • 593.8

  • 海のふた観た勢いで購入。
    菊池さん見てダイエットモチベ上げようと…
    なんですけどあまりお洋服のジャンルが好みではなかった…
    こだわりが強いことは存分に伝わってくる

全126件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1982年、岐阜県生まれ。女優・モデル・『菊池亜希子ムック マッシュ』編集長。モデルとしてデビューし、その後、映画やドラマ、舞台など女優としても活躍。
現在、TBSラジオ「Be Style」(毎週土曜日朝5時半~6時)でパーソナリティを務める。主な出演作に映画『ぐるりのこと。』『森崎書店の日々』『グッド・ストライプス』『海のふた』など。著書に『菊池亜希子ムック マッシュ VOL.1~10』(小学館)、『好きよ、喫茶店』(マガジンハウス)、『おなかのおと』(文藝春秋)など。

「2020年 『へそまがり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菊池亜希子の作品

菊池亜希子 おしゃれのはなし。: ずっと変わらず好きなもの (キャンキャンオッジムック)を本棚に登録しているひと

ツイートする