菊池亜希子ムック マッシュ (VOL.10) (小学館セレクトムック)

著者 :
  • 小学館
4.75
  • (9)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 103
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091037831

作品紹介・あらすじ

シリーズ完結!菊池亜希子が帰る場所

女優・モデルの菊池亜希子が編集長を務め、2012年の発刊より年2回の刊行を続けてきた人気ムックシリーズがついに10号目となりました。
記念すべき10号目の特集は“HOMEホーム”。安息の部屋、ずっと変わらず好きなもの、遠くにいても思い出す友達・・・きっとここが帰る場所であり、新しいことが生まれる場所。いまの菊池亜希子にとっての“HOME”をあらゆる視点から解剖していき、マッシュ10冊の集大成がここに誕生します。
青い寝室をつくろう/クローゼットで考えている/食器棚には好きなお皿だけ/くまたちの井戸端会議/岐阜でみちくさ/アイスと毛布/プレゼントの仕度/喫茶店計画書/朝の時間/やさしい黒/スリッパさんのおうち着/ようこそ書斎へ/ソファ採集/タオルどれにしよう/レースの向こうに見える景色etc.


【編集担当からのおすすめ情報】
●イベントなど最新情報はこちらでお知らせします。フォローしてください!
菊池亜希子の本フェイスブックページ
https://www.facebook.com/book.kikuchiakiko
菊池亜希子の本(小学館)ツイッター
https://twitter.com/book_akko
●マッシュ掲載アイテムがオンラインショップで買えます
マッシュバザール
http://editstore.jp/mashbazar

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2016.10月。
    私は、自分の好きなことやものを、やりたいことや心の中のことを、もっと楽しもう。毎日の暮らしを自分で自分のものにしよう。はじめて『マッシュ』を買ったのは妊娠中。ふらふらと入った本屋さんで目にとまり、そのまま近くのカフェでソファでひとり創刊号と2号の2冊を読んだ。あれから4年。「なんだなんだこの人は。なんてなんてなんてかわいいんだ!」ズキューンとやられた最初の衝撃は今もずっと変わらない。しっかりと自分を持っている潔くて真っ直ぐで柔らかいあっこちゃんが好きだ。結婚してきっとまた魅力が増すであろうこれからのあっこちゃんも楽しみ。またいつかマッシュが帰ってきてくれるといいなあ。

  • これでラストか。

  • ーーー延々と人差し指でスクロールするよりも
    一冊の雑誌をぎゅうっと読み込みたいーーー
     
    こんなに読み続けた雑誌はなかった

    1から10までリアルタイムで追いかけられてよかった

    たのしかった
    さみしいけど
    ひとまず
    おつかれさまでした
    おやすみなさい

  • マッシュを読むたびに思う。真似したい。切実に。でも真似しても同じにはならないんだよなー。せめて心意気だけでも(贈り物へのひと工夫とか、料理とか)。
    部屋の模様替えをしたくなりました。
    びっくりしたのは、あっこちゃん結婚してたのか!

    最終刊?
    このクオリティを作り続けるのは大変だったろうなあ。

  • 終わりかー!でも、最後やからこそ?か、良い誌面でした。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1982年、岐阜県生まれ。女優・モデル・『菊池亜希子ムック マッシュ』編集長。モデルとしてデビューし、その後、映画やドラマ、舞台など女優としても活躍。
現在、TBSラジオ「Be Style」(毎週土曜日朝5時半~6時)でパーソナリティを務める。主な出演作に映画『ぐるりのこと。』『森崎書店の日々』『グッド・ストライプス』『海のふた』など。著書に『菊池亜希子ムック マッシュ VOL.1~10』(小学館)、『好きよ、喫茶店』(マガジンハウス)、『おなかのおと』(文藝春秋)など。

「2020年 『へそまがり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菊池亜希子の作品

菊池亜希子ムック マッシュ (VOL.10) (小学館セレクトムック)を本棚に登録しているひと

ツイートする