うる星やつら〔新装版〕 (1) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.95
  • (94)
  • (32)
  • (94)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 424
レビュー : 55
  • Amazon.co.jp ・マンガ (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091207166

作品紹介・あらすじ

▼第1話/かけめぐる青春▼第2話/やさしい悪魔▼第3話/悲しき雨音▼第4話/あなたにあげる▼第5話/絶体絶命▼第6話/愛で殺したい▼第7話/憎みきれないろくでなし▼第8話/いい日旅立ち▼第9話/大勝負▼[うる星やつら]完全データファイル01▼[My Lum×34]01/34 高橋留美子

●主な登場人物/ラム(UFOに乗ってやってきた鬼娘。あたるの押しかけ女房に)、諸星あたる(世界でもまれに見る浮気症の青年)
●本巻の特徴/なぜかこの世の不幸を一身に集めてしまう「見るからに凶相の持ち主」・諸星あたる。UFOに乗ってやってきた女の子・ラムちゃんの鬼ごっこの相手に選ばれてしまったことから、あたるの運命はさらなる不幸(?)へと突入していく……。コミック界をゆるがした高橋留美子の奇想天外SFコメディが、ついに新装版で再スタート!!
●その他の登場人物/しのぶ(あたるの同級生。あたると付き合っていたが…)、錯乱坊(旅の僧。あだ名はチェリー)、サクラ(錯乱坊の姪で巫女)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 諸星あたるがもっと女好きのろくでなしなのだと思っていたのだが、ラムにすぐ乗り換えるのでなくしのぶと恋愛していたんだなぁと思った。本のタイトルに違わず話の舞台である友引町は本当にうるせぇ奴らばっかだった。

  • 昔の漫画ってとにかく長い。なんだけど、完走したわ。ラムちゃんは可愛い。

  • 高橋留美子さん、仏でグランプリ!
    マンガの発展に大きく貢献したことからアングレーム国際漫画祭で功労賞グランプリに!

  • 初期のラムちゃんが、キャラが落ち着いてきた頃と違ってビックリ。
    最初期は過激だったんだなぁと思う。

  • 暗いよ狭いよ怖いよー!

  • 全34巻 完結

  • 今の高橋留美子が書くラムちゃんが載ってるんですが…

    …似てませんw
    まあ僕は今の高橋留美子はあんまり好きじゃないので
    う~んって感じです。


    漫画は今読み返しても結構おもろかったな~。
    でも新規で読むには古くさくてツライかもね。

  • アニメと違う!!

  • ストーリー:8 画力:7 魅力:8 デザイン:10 構成:7 表現力:8 独創性:9 熱中度:8 センス:10 感動:8 総合:83

    世間的に人気の作品の一つだと思います。

    ちょうど高橋留美子先生の絵柄が落ち着くのは、このうる星やつらの中盤~後半くらいからじゃないでしょうか?
    前半は比較的古臭さすぎる絵柄です。
    個人的に古臭い絵柄は好きですが・・・ちょっと僕の世代よりも少し前の絵柄なので、個人的には前半は読むのがやや苦痛です。

    また、前半は絵柄もそうですが、コマ割りなども小さめにカットされていてボリュームはある反面読みにくい印象があります。
    らんま以降は比較的絵柄もコマ割りも落ち着いて統一された印象がありますが、そうなる以前が僕には少し厳しいみたいです。

    ただ、キャラクターは非常に魅力的であり、主役のラムは比較的有名な部類に入るんじゃないでしょうか?

    僕の評価は微妙ですが、全体の評価をみてもわかるとおり世間的にはかなり評価は高めのようです。


    好きなキャラクターはテンちゃん

  • いつの間にか新装版。持ってるのは昔のサンデーコミックス版だけど、とりあえずこちらで。少年サンデーは「まことちゃん」目的で買っていたのが、いつしかラムちゃんのために。アニメ版もレコードも全部買ったなぁ。テレビも映画も見たし。とにかく夢中だった。懐かしい。

全55件中 1 - 10件を表示

高橋留美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

うる星やつら〔新装版〕 (1) (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×