名探偵コナン 61 (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.57
  • (36)
  • (30)
  • (96)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 867
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091213402

作品紹介・あらすじ

▼第1話/紫紅の爪▼第2話/瞬間移動▼第3話/3つのタブー▼第4話/Zero▼第5話/燃える▼第6話/火種▼第7話/バチバチ▼第8話/紙飛行機▼第9話/メッセージ▼第10話/レスキュー▼第11話/隠滅●主な登場人物/江戸川コナン(見かけは小学生だが、その正体は「黒の組織」に毒薬を飲まされて体が小さくなった高校生名探偵・工藤新一)、毛利蘭(新一の幼なじみ。帝丹高校2年)、毛利小五郎(蘭の父親で探偵。コナンのおかげで“眠りの小五郎”として有名に)●あらすじ/園子のおじで鈴木財閥の相談役・次郎吉が、怪盗キッドを捕まえるべく考え出した新たな計画。それは餌として用意した伝説のミュール「紫紅の爪」を、大胆にも銀座の歩行者天国のど真ん中に展示するというものだった! そして多くの観衆が集まったその晩、キッドもまた堂々と空からハンググライダーで現れて…?(第1話)●本巻の特徴/月下の奇術師・怪盗キッドが今宵もお宝を鮮やかに奪い去る!?(第1~4話) 引火の原因はタバコ…? IT企業社長殺人事件(第5~7話)。紙飛行機が唯一の手がかり! 造船会社社長誘拐事件(第6~8話)の全3編を収録。●その他の登場人物/小嶋元太・吉田歩美・円谷光彦(コナンの同級生たち。少年探偵団を結成)、灰原哀(新一が飲まされた毒薬の開発者だが、自らも薬を飲んで「黒の組織」から逃亡。阿笠の家に居候中)、阿笠博士(工藤家の隣りに住む科学者。新一とコナンが同一人物だと知っている)、鈴木園子(蘭や新一の同級生。自称・推理クイーン)、沖矢昴(新一の家に居候中。黒ずくめの組織から放たれた探り屋か…!?)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 少年サンデーコミックス

  • 【友人に借りた】
    怪盗キッド瞬間移動
    沖矢昴バーボン飲む怪しい

  • 静電気を利用した殺人には驚いた。
    静電気でイライラする哀ちゃんがかわいい。
    新一と沖矢さんの推理対決、犯人がいるかもしれないけど救助に向かう蘭は格好良い。
    梓さんの兄の事件続く。続きが気になる。

  • 昴が飲んでいるお酒がバーボンだから、正体もバーボンなのか・・・
    そんな思わせぶりなシーンがあるってことは、きっとバーボンじゃないんだろう。

    ・怪盗キッド、ビル屋上へ瞬間移動
    ・発火したクラシックカー
    ・紙飛行機でSOS
    ・ポアロ店員梓の兄が銃殺容疑者

  • キッドのテレポーテーション(滑車の要領)。沖矢昴が居候して、一緒に社長の監禁事件を解決する話。静電気で人を焼死させる物語。

  • 人混みに紛れるキッド。

  • 鈴木相談役の財源が何処から湧き出るのか気になります。
    kidが出るだけで華やぎますね!
    いつか青子もこの作品に登場して欲しいです。

  • 『紫紅の爪』

    『瞬間移動』

    『3つのタブー』

    『Zero』

    『燃える』

    『火種』

    『バチバチ』

    『紙飛行機』

    『メッセージ』

    『レスキュー』

    『隠滅』

    巻末名探偵:ココ

  • 【M】

  • キッドはもう飽きたっつの。
    静電気もありふれてるし、モールス信号もわかりやすすぎ。イカ飛行機は考えたかなーとも思ったけど、オチが安直で。わかるよ、作者のもくろみは。定期的に「蘭と新一の絆」とかラブコメ要素も入れないと「推理ラブコメ」ってジャンルが成立しないもんね。あれ、ちがったっけ?
    本当は二点にするところなんですが、ひたすら灰原が可愛かったので三点にしたよ! 最低の評価基準!

全24件中 1 - 10件を表示

青山剛昌の作品

名探偵コナン 61 (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×