神のみぞ知るセカイ (1) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.96
  • (188)
  • (192)
  • (166)
  • (17)
  • (4)
本棚登録 : 1772
レビュー : 126
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091214300

作品紹介・あらすじ

▼第1話/世界はアイで動いてる▼第2話/あくまでも妹です▼第3話/ベイビー・ユー・アー・ア・リッチ・ガール▼第4話/ドライヴ・マイ・カー▼第5話/パーティーはそのままに▼第6話/神以上、人間未満●主な登場人物/桂木桂馬(恋愛シュミレーションゲームの達人で「落とし神」と呼ばれる17歳。ゲームの知識でリアルの女の子を攻略中)、エルシィ(地獄から逃げ出した「駆け魂」を狩りに来た悪魔の女の子)●あらすじ/ゲーマーの間で「落とし神」と呼ばれるギャルゲー達人にして、現実女子からは「オタメガネ」と呼ばれる青年・桂木桂馬。ある日、クラスメートの高原歩美に押しつけられた校舎屋上の掃除中、携帯ゲームのメールチェックをしていた桂馬の元に「攻略してほしい女がいる」との挑発メールが届く。落とし神のプライドから即座に返信すると、上空から謎の女の子・エルシィが爆風と共に舞い降りてきて…!?(第1話)●本巻の特徴/ゲームこそ全て。そんな人生を送ってきた桂馬が、うっかり悪魔と契約したことから、駆け魂(=女性の心のスキマに隠れた悪人の魂)を狩ることに! 駆け魂を捕まえるには、相手の女の子を恋に落としキスをしなければならないのだが、果たして桂馬は現実女性を攻略できるのか? 陸上部「高原歩美」編、社長令嬢「青山美生」編ほかを収録!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いろんな性格の女子キャラがいっぱい。

    特にハクアかわいすぎ!

    • ニケさん
      誰かノーラさん派はいませんか??
      誰かノーラさん派はいませんか??
      2011/12/05
  • アニメ化されているらしい。
    機会があったので読んでみた。

    タイトルからファンタジー系統かと思っていたが
    主人公はギャルゲーおたく。
    ゲームの攻略をリアルに当て嵌めて
    現実の女の子をも攻略していくというストーリー。

    が、女の子の記憶が消えること
    それぞれの悩みが主人公によって解決・緩和
    されることから
    そんなに不快感はなく、読みやすい。

  • 極めればなんとやら。相当昔やり込んだんだろうなというのが伝わってくる。
    ストーリ展開も好きだし、どんどん強いキャラを出して来るのが楽しみ。

  • 男の夢なのかな。共感性は低いが、頭脳的で面白い。
    ラスト周辺で話が少し難しくなるので飛ばし読みすると展開が分からなくなる。じっくり読むのがおすすめ。

  • ラブコメ漫画です。
    ギャルゲーの知識で実際の恋愛をするとどうなるのかというアイデアがとても上手だと思いました。また複数いるヒロインも皆特徴的で読んでいて楽しいです。最後の展開も個人的には一番納得できるものでした。
    ギャルゲーが好きな方やラブコメが好きな方にはおすすめの作品です。

  • 絵柄が好き

  • コミック

  • 人間界の少女たちの心のスキマに入り込んだ悪魔の霊魂「駆け魂」を地獄へと連れて帰るため、地獄からやってきた「エルシィ」ことエリュシア・デ・ルート・イーマは、数々の女性たちを攻略し「落とし神」と呼ばれる少年・桂木桂馬(かつらぎ・けいま)と契約を交わします。ところが桂馬は、美少女ゲームのマニアで、ネットの世界で「落とし神」として名を知られている一方、現実では「オタメガネ」と呼ばれる少年だったのです。こうして桂馬とエルシィは、美少女ゲームの知識だけを武器に、現実の少女たちの「攻略」することになります。

    第1巻では、陸上部エースの高原歩美(たかはら・あゆみ)と、大財閥のご令嬢である青山美生(あおやま・みお)がヒロインです。とくに最初のヒロインである歩美の攻略法が秀逸でした。

  • 現実の人間関係は一番難しいギャル・ゲー??。ギャル・ゲー・マスターを自称する主人公が、周辺の女性をオトすという外形を持ちながら、その実は彼女らの心のお悩み解決を目指していくという物語。しかも、お悩み解決という結果、女性らの記憶がなくなるというギミックを用いて、ハーレムにならないような配慮をしている等、なかなか考えられた作品である。◇どこまで女の子らの性格・悩みのバリエーションが考えられるかが鍵だろうが、ともかく、もう少し追跡しようと思う。

  • 読了後数年経って初めて読み返してる途中。

    まず設定が面白い&わかりやすいので、自分のようにややこしいファンタジーものが苦手な人や、女性でも入りやすい作品なのかなと思った。
    ページも読みやすくスラスラ読める。ストーリー展開が置いてけぼりにされない程度に早く、ワクワクハラハラさせられて面白い。(特に中盤〜後半)
    ギャグ・シリアス・アクションのバランスが良い。

    (自分は女なので、)男性作者ならではだなあと感じる思考や描写はちょいちょい目に入るけど、ただの萌え系ハーレム漫画ではない。
    自分の理想であるバーチャルの世界だけを居場所として生きようとする主人公だけど間違いなく現実の世界に生きていて、生身の人間と関わらずに生きていくことはできない。人間の不完全さ、理想のセカイと現実のセカイ…色々な事がストーリー進行の中で描かれていて、結構深い作品だと思う。

    自分も現実に疲弊してバーチャル…理想の世界だけで生きていけたらいいのにと思っていたので、そこがリンクして大分刺さった。

    後半の展開や結末はほとんど忘れてしまっているので読み進めるのが楽しみ。

全126件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。代表作として「神のみぞ知るセカイ」、「ねじの人々」。最新作「結婚するって、本当ですか」を週刊ビッグコミックスピリッツにて連載中。

「2020年 『16bitセンセーション 1 私とみんなが作った美少女ゲーム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

若木民喜の作品

神のみぞ知るセカイ (1) (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×