境界のRINNE 2 (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.79
  • (33)
  • (44)
  • (42)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 520
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091217745

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昔、占いのソフト作ってた時に、前世占いの占断パターン書いたことがあって。某社のレギュレーションにより全部人間で書いてたんだけど…前世も人間である確率って、母数考えたらえらい低いよね、とこの巻のエピソード読んで思った。そして、りんねの借金は嵩む一方のような…六文ちゃんがんばれー。

  • 人間と死神のクオーター(?)六道りんねくんと霊が見える女子高生:間宮桜ちゃんのドタバタ心霊コメディ。

    ギャグ比率が高いのと軽いテイストなのが気に入っているけれど、どんどん新キャラを出し過ぎな気も…。

    さっそく2巻でりんねくんの小学校時代からの敵キャラ、心が超絶狭い悪魔の魔狭人(まさと)くんが出てきました。

    地獄がけっこう近代化されていてビックリだったよ。
    現世のテクノロジーの変化によってあの世もチェンジしてるのかな?

  • 第2巻。アニメと違って、十文字君より先に、悪魔の魔狭人が出てきた。
    1巻に続き、さらっと真宮桜を受け止めるりんね、イケメンですね。

  • 敵らしき人物が登場し、日常的な話から、地獄世界に入り込むストーリーになっていく。オチはコミカルに終わるが、ここから話が展開していきそう。

  • すべてがギャグ。でも、『犬夜叉』よりは弱いかなぁ。シリアスなところとかがないのでちょっと浅いのかも。

  • 2巻目。
    1巻と同時発売でした。

    ルーミックワールドの愉快な住人が増えていく感じ。
    こうやって、世界が広がっていくときの高橋 留美子のマンガって、本当に生き生きしています。

    しかし、この霊の依頼をうれるストーリー展開って、それほど長く続けられる気がしないので、新展開になったときが楽しみです。

  • 新キャラ登場

  • まさとが良牙を思い出す

  • うっちーさんの本

  • 主人公の少年が貧乏なのが面白い。

全23件中 1 - 10件を表示

境界のRINNE 2 (少年サンデーコミックス)のその他の作品

高橋留美子の作品

境界のRINNE 2 (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする