人魚の森 (るーみっくわーるどスペシャル)

著者 :
  • 小学館
3.78
  • (104)
  • (79)
  • (169)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 679
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・マンガ (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091218544

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この作品で、不老不死の孤独を知った。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「不老不死の孤独を知った。」
      私は「ポーの一族」でした。
      この話も切なくて、恐くて、逞しいから好きです。もっと読みたい気がするけど、もう描か...
      「不老不死の孤独を知った。」
      私は「ポーの一族」でした。
      この話も切なくて、恐くて、逞しいから好きです。もっと読みたい気がするけど、もう描かないのかなぁ~
      2013/08/21
    • にゃんこさん
      コメント&はなまるありがとうございます♪
      「ポーの一族」名作と聞くのですがまだ読んだことがありませんm(_ _)m
      切ない話ならば読んでみた...
      コメント&はなまるありがとうございます♪
      「ポーの一族」名作と聞くのですがまだ読んだことがありませんm(_ _)m
      切ない話ならば読んでみたいです。
      2013/08/22
  • 私は目の前に人魚の肉があっても食べないです

  • るーみっくわーるどスペシャル

  • 怖い。1988年5月20日初版第1刷発行。
    収録作品:「人魚は笑わない」(前編、後編)、「闘魚の里」(前編、後編)、「人魚の森」(前編、後編)

  • 人魚の肉を食った男の遍歴
    女たちが魅力的

  • なんだかんだ初めての留美子作品だ 世界観がスゴイ 不老不死のふたりの孤独がかなしく染みる あと人魚がとことん醜い

  • 「うる星やつら」や「らんま1/2」のコミカルなストーリーとはまったく違う高橋留美子さんの世界。
    人魚の肉を食べて不老不死になってしまった湧太と真魚の放浪記。どこに行っても救われず、どこまでも孤独な旅を続ける2人がせつない。何度でも読み返したくなる素晴らしい作品。
    昔、アン・ライス作のヴァンパイアシリーズを夢中で読んでいたけれど、不老不死というテーマが持つ閉塞感と甘美さが大好きです。

  • あんま好みじゃない

  • 人魚シリーズの、こっちが1巻目みたい。でも、個人的には「人魚の傷」を最初に読んでおいてよかった。

  • 高橋留美子さん初期の頃のまんがです。
    なので、絵がきれい(笑)

    不老不死を願って人魚の肉を求める人間の愚かさと、ほろ苦さを良い感じで描いています。
    シリーズだけど基本読み切りなので、話のテンポも良かったです。
    「この絵で」もっと読んでみたいお話だな。

全52件中 1 - 10件を表示

高橋留美子の作品

人魚の森 (るーみっくわーるどスペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする