名探偵コナン 64 (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.65
  • (36)
  • (28)
  • (78)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 843
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091218926

作品紹介・あらすじ

▼第1話/一角岩▼第2話/サバ・コイ・タイ・ヒラメ▼第3話/殺気▼第4話/傷▼第5話/思い出の少年▼第6話/ガリ君▼第7話/口笛の男▼第8話/つながり▼第9話/ESWN▼第10話/よくあるパターン▼第11話/鉄狸

●主な登場人物/江戸川コナン(見かけは小学生だが、その正体は「黒の組織」に毒薬を飲まされて体が小さくなった高校生名探偵・工藤新一)、毛利蘭(新一の幼なじみ。帝丹高校2年)、毛利小五郎(蘭の父親で探偵。コナンのおかげで“眠りの小五郎”として有名に)
●あらすじ/海釣りに出かけたコナンと少年探偵団。その夕方、博士の代わりに迎えに来た沖矢と船で帰る途中、一角岩と呼ばれる岩場に立ち寄ることに。だが、そこでコナンたちが目にしたのは、岩に刻まれた“サバ・タイ・コイ・ヒラメ”という真新しい文字と、岩場に挟まれたダイビング用の真新しいフィン。そして脱水死したと思われる若い女性ダイバーの死体で…!?(第1話)
●本巻の特徴/ある富豪の女性が、子供の頃の恩人に1億円を渡したいと発表したところ、なぜか2人の男が名乗り出た。しかもそのうちの1人は、小五郎のかつての上司・松本警視の顔に大きな刀傷をつけた連続殺人犯の可能性が…!?
●その他の登場人物/小嶋元太・吉田歩美・円谷光彦(コナンの同級生たち。少年探偵団を結成)、灰原哀(新一が飲まされた毒薬の開発者だが、自らも薬を飲んで「黒の組織」から逃亡。阿笠の家に居候中)、沖矢昴(新一の家に居候中。黒ずくめの組織から放たれた探り屋か…!?)、高木渉(警視庁捜査一課の刑事。佐藤刑事と交際中)、佐藤美和子(警視庁捜査一課の刑事。同僚男性のアイドル的存在)、松本清長(警視庁捜査一課の警視。管理官として重大事件の指揮を執る)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【友人に借りた】
    沖矢さんと少年探偵団のお嬢様ダイバー殺人事件編。
    怪盗キッドさわりだけ。次巻につづく

  • 宝くじをあてたお嬢様とその執事の話が好き。
    少しでいいのでふたりのその後も見たかった。
    松本管理官の因縁の事件は複雑で面白かった。
    怪盗キッドの事件続く。

  • 釣りでの話は、沖縄でお嬢様が亡くなった話を思い出しました。
    状況は違いますが、お嬢様が殺された点が共通していました。

    後、宝くじで賞金を当てた名家のお嬢様の話は面白いです。
    私はお寿司屋さんへ行けば、助けた少年同様に生姜があればついつい食べてしまいます。
    この2人が今後も仲睦まじく過ごして欲しいものです。

  • 松本管理監にからめて長編やられても盛り上がりに欠ける。
    時折登場する「バーボン」というキーワード。
    進展の遅さにイライラする。

    ・サバ、コイ、タイ、ヒラメ事件
    ・松本管理監が追う連続殺人犯
    (胸の一文字キズと背中のZキズ)

  • 初めての…

  • 『一角岩』

    『サバ・コイ・タイ・ヒラメ』

    『殺気』

    『傷』

    『思い出の少年』

    『ガリ君』

    『口笛の男』

    『つながり』

    『ESWN』

    『よくあるパターン』

    『鉄狸』

    巻末名探偵:銭形警部

  • 【M】

  • 小学生の時から大好きなコナン!
    あの方がずっと未だに気になりますwww

  • 最高!!だが黒づくめそろそろ捕まえろww

  • コナンくんのまわりでは、事件がおこりすぎw

全19件中 1 - 10件を表示

青山剛昌の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

名探偵コナン 64 (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×