DEFENSE DEVIL 3 (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.29
  • (3)
  • (5)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 123
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091220622

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 弟レガート登場。
    兄想い、家族想いで可愛い弟だなと好感を抱いたのに腹黒くてshock。
    何をきっかけかは解りませんが(多分クカバラが力を与えたから?)
    成人姿は余り・・・。この姿のままで良かったのに何故成長してしまったの!
    上の兄2人は父親に殺されてしまってこれまたshockでした。

    何故魔力を奪われたか、地位を剥奪されたか。
    クカバラの過去が判明します。

  • 2011/02/28:コミックレンタルにて読了。

  • クカバラの過去がわかった第三巻。
    でも悪魔は、悪魔らしく、という話だと、親も子も関係なく、残虐非道であれ、というのが正しいのだろうか。
    自分の認識ではわからないけれど。。

    結局、何が正しくて何が間違っているかなんて、自分の中の信念の問題でしかないのでしょうね。

  • 地獄に連行される、限りなくクロの罪人を弁護する悪魔・クガバラ。誰も手を出さない無益な仕事、彼はそこに己と人間の希望を見出した…。『新暗行御史』の超強力コンビが放つ、ひねくれ悪魔の遥かなる闘争!

    ▼第4話/不思議な彼女(4~5)▼第5話/クカバラの知恵(1~6)▼第6話/魔界への鍵(1~2)
    ●主な登場人物/クカバラ(魔界を追放された悪魔。力を奪われているがダークマターを摂取すると元の姿に戻れる。人間界を観察するのが好き)、ピチュラ(クカバラと共に魔界を追放された竜族)
    ●あらすじ/人間に害を及ぼす悪魔を召還して始末する、エクソシストの少女・イダマリア。彼女の謎の力によって強制的に人間界に召喚されたクカバラは、悪魔=悪と決めつけるイダマリアから問答無用で攻撃を受けるはめに。なんとか彼女を落ちつかせようとするものの、本人は聞く耳を持ってくれない。すると、そこに別の悪魔が現れて…!?(第4話・4)
    ●本巻の特徴/かつて魔界の王子であったクカバラは、なぜ強大な力を失い、魔界を追われることになったのか…? 衝撃の過去を描いた「クカバラの知恵」他を収録!
    ●その他の登場人物/イダマリア(悪魔払い[エクソシズム]を生業とする謎のシスター)、レガート(魔界にいるクカバラの弟)、エリモナー(魔界のショップのオーナー。道具を売るほか、クカバラにアドバイスも与える。コスプレが趣味)

  • おとうとがよそうどおりすぐる

  • 私は散々「絵がみづらい」と言っていたのですが、友達に「これだけ書き込んでこれだけ見やすいのはすごいと思うよ」と言われて、納得しました。
    なるほど、そこに付随して「絵がキレイ」という評価があるんだなぁって。
    話は面白い方向へ行っています。
    この巻数でこの展開は、サクサクいけて、私は好きです。

  • 美麗やわぁ(>_<)

    クカバラの弟くんかわいい顔してやること…

  • 画量は半端ナイです。丁重に描かれていてビックリ。

    優しい優しい 大王の三男坊 クカバラ。地位も力も取り上げられて魔界追放。ただいま弁護士しています。
    毎回ゲストキャラの『死神』がステキキャラ。
    クカバラが覚醒すると凄い力発揮するんだけど…
    1巻Lastで次巻に続くとなっております。
    2巻で1巻の続き終了。のち、美少女エクソシストの登場です。
     そして新キャラ登場です。
    3巻にて美少女エクソシスト イダマリア。
     なぜクカバラが魔界を追われたのかを追想する『クカバラの知恵』編は想像したとおりのストーリー展開。
     再度イダマリア登場で、4巻へ続く。

    私的にお目付け役のビチュラがとても大変だと思っております。

    これからどう転がるのか?

  • 腹黒い可愛い弟万歳。
    というわけで新キャラ登場。
    なんだか時間軸がばらばらだったのでものすごく読みにくかった…;

  • 2009/12/18
    ⇒中古待ち
    ⇒BOOK OFF 200円

    シスターがお色気担当なんですね、わかります。

全12件中 1 - 10件を表示

尹仁完の作品

ツイートする
×