境界のRINNE (3) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.84
  • (24)
  • (36)
  • (34)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 448
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091221957

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 翼いいねえ。好感の持てるライバルである。霊に対する考え方の違いと、桜ちゃんをめぐる恋愛感情が、話を盛り上げる要素になってるんだけど、桜ちゃんのあり方が実にいいのです。ウェットじゃなくて、とてもフラットで、りんねにも翼にもちょうどいい距離感を保ってるよね。トイレの花子さん話が好き。

  • ついにラブ要素が入ってきちゃった。
    らんまで言うところの良牙くん的なキャラである十文字翼くんの登場で、ドライなりんねくんが桜ちゃんへの特別な気持ちに気づいたんだかどうなんだか…。

    まぁ、自分が特別だと思っていたところに別に他の男性にも優しいのか…ってのは、ちょっとモヤモヤした感じになるのかもね。

    あまりベタベタしない感じで話は進むんだろうけれど、その辺は割り切ってくれた描写でいいんだけどな。
    犬夜叉みたいなストーリー性があるわけでもないみたいだし。

  • 安定した楽しさ.

  • 第3巻。十文字君登場巻です。
    それをきっかけに、りんねがさくらへの恋心を自覚し始めることにもなります。(以降は、さくら大好きという気持ちがだだ漏れ笑)
    「なんなんだ?この…地獄で芋虫を踏んだようなイヤな気持ちは…」

  • トリプルデート。というか、ケータイとかは出てくるのにこの作者の漫画はいまだにブルマなんですね(笑)。ブルマはいている女子って見たことないわぁ。

  • うっちーさんの本

  • 女装が可愛くてびっくりした。

  • 安心して読める。
    面白いw

  • ライバル登場で貧乏少年に恋心が芽生えた…!?

  • らんまと犬夜叉を足した感じ・・・?

    でも好き。

全27件中 1 - 10件を表示

境界のRINNE (3) (少年サンデーコミックス)のその他の作品

高橋留美子の作品

境界のRINNE (3) (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする