アオイホノオ (4) (少年サンデーコミックススペシャル)

著者 :
  • 小学館
4.06
  • (67)
  • (74)
  • (43)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 716
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091223890

作品紹介・あらすじ

打倒!庵野秀明!?あだち充!?焔のまんが道!!

各方面から大反響の島本的まんが道!
将来、ひとかどの漫画家になってやろうともくろむ
芸大1回生のホノオモユルは、
同級生の庵野秀明の自作アニメーションに衝撃を受け、
あだち充の『ナイン』にもだえ苦しむ!
三歩進んで四歩戻る七転八倒青春エレジー
第4巻!!!!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホノオ君のあだち充論が面白い(笑)
    一方で庵野さんの天才っぷりが目立つ巻でしたね。やはり学生時代のころから凄かったんだなあ。

  • 4巻になってもテンション衰えず。当初漫画の手法としてはバクマン、まんが道系の作者を投影した漫画家志望の漫画界内幕もの、ということでずるいな、という意識はあったが面白いので認めざるを得ない。

    一般的に人は2種類に分かれる。それは、ものを具体的につくり表現する側と、人が作った表現物を消費するもの。僕自身とは違う側の、圧倒的に少ない前者サイドの人間が、金も名声もない学生時代にどういう思考で考え、どういう活動をしていたのか、というところがのぞけるのがこの漫画の面白さ。バクマンみたいな少年誌的に「無限の気力と才能を持つ」キャラでもなく、まんが道ほど古い話題でもない、今の日本と連続性のある80年代初期文化圏でのこういった創作系学生の描写が面白い。

    学生としてのメンタリティ、つまりまわりの女性が気になったり、精神的に動揺しがちだったり、貧乏だったり、仲間と騒いだりという要素は一般の消費する側と同じでありつつ、表現する側としての独特のプライド(”城”と表現していた)や人前に表現物を出して批評にさらされる、というつらいところ、その辛さを乗り切るためにどうモチベーションを保つのか、などの一般の学生にはない独特の苦悩が興味深い。

    トンコさんは相変わらず魅惑的。というか近眼でやたら話しかけてくる距離が近くて、勘違いしちゃう女性っているよね。

  • 大学生庵野がウォークマンで聞くのは寺尾聡。
    石ノ森、ちば作品のコラージュが楽しい。

  • 今回も心抉る名言満載。

  • このなんにも、しなさ加減とか、それでも、プラス思考とか、なんか好きです。
    着々とガイナックスのメンバーが、そろっていくのも、いい感じ。
    ホノオモユルは、そこに入ってないけど。

    でも、このマンガの最大の素敵なところは、トンコさんかもしれない。
    島本マンガの女の子って、よく見たら、かわいくないですよねぇ。絵的に。
    でも、仕草とか、シチュエーションで、かわいく見えるマジックがかかっていると思いません?くすぐりどころを知っている。

    トンコさんも、天然なところといい、鋭いところといい、永遠のあこがれの先輩で、よいです。

  • バクマンと平行して読んだせいか感動もひとしお。庵野ウルトラマンの衝撃はクリエイターでなくてもよく分かる。

  • もう、ノンフィクションでいいですね。
    「あだち充 は野球漫画の描き方が全然分かってないんだ」
    は、島本和彦にしかかけない!

  • 島本先生のマンガ道。ご本人をモデルにされたと思われるホノオくんが漫画家を目指す話ですが、葛藤リアクションというのでしょうか。独創的で面白い。本巻では庵野秀明(あえて呼び捨てですみません)が如何にスゴイ男かというのがまざまざとわかります。

  • 将来、ひとかどの漫画家になってやろうともくろむ
    芸大1回生のホノオモユルは、同級生の庵野秀明の自作アニメーションに衝撃を受け、あだち充の『ナイン』にもだえ苦しむ!三歩進んで四歩戻る七転八倒青春エレジー第4巻!!!!!(Amazon紹介より)

  • 關ス驕ク縺励◆蝗槭?邱剰ゥ輔r隱ュ繧?繧ク繝ァ繧ヲ縺ォ縲後↑窶ヲ菴墓腐縺薙%縺セ縺ァ蛯キ繧停?ヲ縺医$繧具シ?シ溘??縺医$繧翫↓譚・繧九?縺???シ溘??髱呈丼縺?縺九i縺具シ?シ溘?阪ャ縺ヲ諤昴≧縺ィ縺薙m縺ォ隨代▲縺溘?ゅ↑繧薙°縺ェ繧薙〒繧る搨譏・縺ョ縺帙>縺ォ縺励※縺ェ縺?°?溘??縺セ縺ゅ?√◎縺薙′縺?>繧薙□縺代←縺ュ縲ゅ◎繧後→縲∝コオ驥弱&繧薙?蜍輔″縺九i縲守屮逹」荳崎。悟ア翫?上r諤昴>縺?縺励◆縲

全37件中 1 - 10件を表示

アオイホノオ (4) (少年サンデーコミックススペシャル)のその他の作品

島本和彦の作品

アオイホノオ (4) (少年サンデーコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする