うしおととら (1) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館 (1990年11月17日発売)
4.01
  • (229)
  • (82)
  • (214)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 1058
レビュー : 127
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091224811

作品紹介・あらすじ

▼序章/うしおととらであうの縁▼第1章「石喰い」▼第1話/旧校舎に消ゆ▼第2話/獣の槍発揮▼第3話/百足変化▼第2章「絵に棲む鬼」▼第1話/礼子▼第2話/間崎▼第3話/鬼
●登場人物/蒼月潮(住職の息子で妖怪を操る主人公)、とら(潮の地下に500年もいた妖怪)、中村麻子(潮の同級生でしっかり者)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 全巻所有。

    子供に読んでほしい漫画No.1。
    最初っから最後まで熱くて、まっすぐで、泣けて元気を貰える少年漫画の王道です。

    全体的には前向きで希望のある話ですが、闇の部分もしっかり描かれています。

    特にストーリー終盤の盛り上がりっぷりは凄いです。
    よくこの大勢の見た目も中身も個性的なキャラクター達を動かし、熱いまんまで33巻分の物語をまとめ上げたなと思うと、作者を尊敬してしまいます。

    あと、絵の魅力も大きいです。
    「上手い絵」とはちょっと違うと思うんですが、藤田作品はこの強い絵があるからこそこんなに心を打つんだと思います。

    王道漫画が好きな方は、ぜひ読んでみてください。うしおととらに会って下さい。

    作品全部に、漫画の良さがいっぱいに詰まっています。

  • ダイ大と並んで少年マンガの最高峰だと思っている!

  • 彼らは全ての生命と存在を輝き照らす太陽となる――!少年と妖怪の最強コンビが暴れまくる珠玉の一冊。

  • 人気先行な作品が横行しがちな少年誌というジャンルの中で、1巻から最終巻(33巻)までこれほどまでに素晴らしく綺麗にまとまった作品なんてそうそうお目にかかれることもないでしょう。これが藤田氏の初連載作品だというんだから驚きです。出てくるキャラクターの台詞や行動、ひとつひとつのエピソード、その全てが愛おしい。<br>
    細かく散らばったピースが最終的にはひとつのパズルにハマっていく様子は圧巻・快感。漫画読みなら一度は読んでて損ないです。

  • 全33巻+外伝1巻再読
    つまみつまみでは読み返していたが
    思い切って全巻を一気読み再読
    すごく良かったと言いたいところだがそうでもなかった
    序盤はいいが旭川についた後からは
    1エピソードごとの引き延ばしがうっとおしく感じる
    作者としては引き伸ばしているわけでなく
    週刊連載の中でどうしても繰り返しになってしまったり
    人気が安定し語り尽くしたくなったことに依るのだろうが
    33巻は必要なかったのではと思ってしまう
    それでも要所要所と結末の盛り上がりは申し分なし
    燃えて泣ける

  • 連載当時
    あまり目に留めなかったのだが
    単行本になった時に
    一挙に読んだ

    この漫画を読むと
    喜び・安堵・恐怖・驚愕
    色々な感情が湧き出てきます

    それを味わいたくて
    折に触れて読み返すのです。

  • 全33巻
    『うしおととら (外伝)』 1巻

  • 蜀崎ェュ縲ら浹蝟ー縺?→遏ウ豁ヲ閠??らセス逕溽、シ蟄舌→鬯シ縺ォ縺ェ縺」縺溽宛隕ェ縺ョ騾比クュ縺セ縺ァ縲ゅ%縺ョ繝槭Φ繧ャ縺ョ辭ア縺?Κ蛻??遘√?莠コ譬シ蠖「謌舌↓蟆代↑縺九i縺壼スア髻ソ繧剃ク弱∴縺ヲ縺?k豌励′縺吶k縲

  • 少年サンデーコミックス

  • 情熱的な少年漫画、ちょっと鬱陶しいかなと思うぐらいだけど、読んでるとぐいぐい物語に引き込まれ、涙なくして読めない物語。
    登場人物の怒り、悲しみ、喜び、憎しみの表現が秀逸だと思う。伏線の張り方は複雑だけど、最後には納得!

全127件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

北海道旭川市出身。1964年生まれ。88年、『連絡船奇譚』(少年サンデー増刊号)でデビュー。少年サンデーに連載された『うしおととら』で91年に第37回小学館漫画賞、77年に第28回星雲賞コミック部門賞受賞。ダイナミックかつスピーディー、個性的ながらエンターテインメントに徹したその作風で、幅広い読者を魅了し続けている。他の代表作に『からくりサーカス』(少年サンデー)がある。

「2007年 『黒博物館 スプリンガルド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤田和日郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

うしおととら (1) (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×