名探偵コナン (69) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.60
  • (27)
  • (31)
  • (65)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 853
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091225009

作品紹介・あらすじ

国民的人気の推理コミック!!

のどかな温泉地で起きた殺人事件…
完全密室となった湖上露天風呂で
被害者を殺害した意外な方法とは!?
河童伝説殺人事件、ホワイトデー殺人事件、
G線上のアリア誘拐事件も収録!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 楽しく読めましたが、全然話は進みませんでした(´・ω・`)

  • 温泉殺人事件、「目には目を」の扉絵で笑った。
    裸を見られた哀ちゃんの仕返しがかわいい。
    G線上のアリア編続く。
    真相が楽しみ。

  • 【友人に借りた】
    哀ちゃん温泉、目には目を。
    ホワイトデー。目暮警部、毛利夫人、佐藤刑事、新蘭。

  • 河童。

  • 新一は推理力や判断力は優れているのに音楽や恋愛事情になると、相変わらず疎いと再認識しました。
    風呂場で起きた殺人事件であんな発言をすれば流石の灰原も怒るのに。

    そしてまたPianoに絡みの事件が。
    私自身Pianoを弾いているので、やはりPianoが絡むと胸が高鳴ります。

  • 倉敷、福山などを舞台とした作品です。

  • ここのところの展開には、少々飽き気味。
    基本的にそういう漫画だとは言え、トリックも無理矢理なものが多い。
    またそれ以外にも、たとえば温泉での
    灰原はやりすぎだろうと思う。
    実年齢にしても新一より年上なのに、大人げない。
    河童の話は感動っぽく仕立ててあるが
    やはり無理があるし、誤解という展開は後味が悪い。
    惰性で購入しているところがある。

  • 『沼底からの依頼』

    『河童の呪い』

    『河童の正体』

    『湯けむりの殺人』

    『湖上の密室』

    『目には目を』

    『ホワイトデーの殺人』

    『ミラクルなトリック』

    『ハッピー・ホワイトデー』

    『G線上のアリア』

    『天才』

    巻末名探偵 リチャード・カッフ

  • おもしろかった☆

  • いつも通りのコナン

全27件中 1 - 10件を表示

青山剛昌の作品

名探偵コナン (69) (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×