神のみぞ知るセカイ 11 (少年サンデーコミックス)

著者 : 若木民喜
  • 小学館 (2010年12月17日発売)
3.98
  • (38)
  • (58)
  • (37)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :705
  • レビュー :24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091226792

神のみぞ知るセカイ 11 (少年サンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 巨大化した檜が実体化し、人びとにその姿が見えてしまったため、街は大混乱に陥ります。ノーラたちが駆け魂の暴走を取り押さえようと努めるもかなわないなかで、桂馬は檜の心の隙間を埋めるキー・パーソンである楠をともなって、檜の心のなかに入り込みます。

    後半は、強力な駆け魂の登場により、みずからの無力さを感じて落ち込んでしまったエルシィを励まそうと、桂馬が努力する話です。さらにディアナの要請におうじて、彼女とおなじくどこかにひそんでいるという女神をさがし求めることになります。

    ようやく物語が進展して、今後の展開が楽しみになってきました。

  • 謎がぞくぞく。
    あとなにげにお色気巻でした(笑)

  • 妹の憧れでい続けたいが故に暴走してしまったといった所。


    ハクアと天理ちゃんとの3人デート良かったです。

  • マンションで読む。再読です。小倉の漫画喫茶で読んだ記憶がある。

  • さらに戦いはエスカレート、肉弾戦と怪獣バトル、そして、二階堂先生の意外な正体。トライアングルデートとギャルゲ仕わけ。アニメ調の表紙のエルシィは出番少なめ。

  • 2012/11/10購入・12/15読了。

    巨大化した悪魔に一時はどうなることかと思ったけど解決して良かった。女神攻略頑張って。

  • どんどん伏線が張られてますねー。今後が楽しみ。
    設定の性質上女の子が次から次へと出てくるのかと思ったけど、使い捨てになってなくて個々の女の子に思い入れが持ちやすいのに好感持てる。

    ちなみに、今更だけど桂馬ってかなりスペック高いよな。

  • TSUTAYAレンタル

  • 今ひとつそぐわない重めの葛藤も怪獣モノと組み合わさることでうまく中和。非攻略3大ヒロインに話数を割いてスポットがあたるのが嬉しい。

  • 檜編の途中から。

    デート仕様のエルシィが可愛い。

全24件中 1 - 10件を表示

神のみぞ知るセカイ 11 (少年サンデーコミックス)のその他の作品

若木民喜の作品

神のみぞ知るセカイ 11 (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする