銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.19
  • (1117)
  • (1143)
  • (501)
  • (39)
  • (5)
本棚登録 : 8691
レビュー : 765
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091231802

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  6巻まで読み終わった。
     荒巻氏は鋼の錬金術師も読んだけど、キャラクターのかきわけも上手だし、ストーリーのバランスも良い。まさに、王道で安心して読める。

    11巻まで読み終わった 2014.6.24
     いよいよ二年生。
     御影の進学を手伝いつつも、自身の起業を考える。

    13巻まで 2015.7.12 
     馬術部の全国大会へ。みかげも進学目前。本人も「放牧豚」のブランドを考え、そろそろラスト目前。

    目標の見つからなかった主人公が、農業高校で様々な仲間と出会い、自分のやりたいことを見つけていく物語。

  • 繧イ繧ェ縺ョ繝槭Φ繧ャ繝ャ繝ウ繧ソ繝ォ蜊企。阪〒縲悟、ァ莠コ蛟溘j縲阪@縺滉クュ縺ョ荳?蜀翫?
    繧ケ繝医?繝ェ繝シ縺ッ縲∝圏豬キ驕薙?驟ェ霎イ繧貞ーよ判縺吶k鬮俶?。縺ォ騾壹>縺?縺励◆荳サ莠コ蜈ャ縺ョ豈取律縺」縺ヲ諢溘§縲
    蜒輔?蛹玲オキ驕灘?霄ォ縺?縺代←縲√%縺ョ蜀?ョケ縺ォ繝医く繝。繧ュ縺ッ豁」逶エ諢溘§縺ェ縺九▲縺溘?繝サ繝サ縲

  • ハガレンの作者の描く農業高校漫画だけあって、農業酪農のリアルが生々しいんだけど、それがいい。 これは続けて買いだ

  • ファンタジーの次はそう来ましたか。
    この人の仕事量半端ないな。

  • コミック

  • ハガレン作者が自身の経験を元に描く、農業高校を舞台にした新作。もやしもんとか動物のお医者さんよりもっとハードな青春だけど、等身大でホッとする。卵かけごはん食べたい!

  • 試しの一巻購入。これも面白い。
    新橋ツタヤにて。

  • 週間連載の単行本は買うまいと思ってがまんしてたのに、うっかり衝動買い。 ううう…面白れぇええええ!! 卵かけご飯食べたいです(^q^)

  • 借りた。
    あまり期待していなかったけれど、結構面白い。
    もやしもんを彷彿とさせるイントロダクションに引きこまれた。
    作者の酪農に対する愛を感じる。

  • 知人から借りて、何の前知識もなく読み始めたのですが、うーむ。面白いですね。面白いです。

    基本はコメディーであり、ホンワカ系であり、のんびり楽しく読むことができる漫画?という気がするのですが、

    人間は、他の生物を殺し、その肉を食べることで生きているのだ。

    という、間違いなく厳然とした事実を、しっかりと、しっかりと、しっかりと教えてくれる作品だなあ。と。

    「経済動物」という言葉がでてくるのですが、「家畜」と同意義の言葉なのかなあ、と理解したのですが、くう。シリアスな言葉ですね。こう、剥き出しの現実と向き合っている言葉だなあ、と。

    自分は、もう40過ぎのオッサンなので、この漫画を読むことで、畜産や酪農の世界に飛び込むことは無いのですが、もし、若い人々が、この漫画を楽しく読むことで、そうした畜産や酪農の世界に飛び込み、それらを生業とすることになったら、それはなんだか素敵なことだなあ、とね、思ったりしましたね。若いかたがたに、ドカドカ読んで欲しい作品だなあ、とか、思った次第です。

    少年サンデーで連載している?関係からでしょうか。読んでいて、
    ゆうきまさみ「じゃじゃ馬ぐるーみん★UP!」を思い出しました。北海道が舞台で、馬がでてきて、基本コメディーで、っていうところで。なんだか作品の雰囲気も似てるなあ?とかね、思いましたね。
    河合克敏「帯をギュッとね!」も、思い出したなあ。ギャグのキレとか作品の雰囲気が。どうも似てるなあ?と。
    少年サンデーだから、というだけの連想なのですけれどもね。でもなんだか、思い出しちゃったんですよねえ。

    あと、最初の第一話で、八軒勇吾と御影アヤが最初に出会う場面で、アヤがでっかい馬に乗って登場した場面での「世紀末覇者!!?」のネタ。あれはもう、ツボですね。北斗の拳世代としては、笑わずにはいられようか、って感じ。出版社、集英社なのに、そのネタええんかい!?って心配しちゃいましたよ。やっぱ、拳王(ラオウ)&黒王号は、鉄板やなあ。北斗の拳は永遠の名作ですね。

全765件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする