銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.19
  • (1117)
  • (1144)
  • (500)
  • (39)
  • (5)
本棚登録 : 8691
レビュー : 765
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091231802

作品紹介・あらすじ

日本中が大注目!荒川弘最新作!!

超ヒット作『鋼の錬金術師』の荒川弘の最新作!
大自然に囲まれた大蝦夷農業高校に入学した八軒勇吾。授業が始まるなり子牛を追いかけて迷子、実習ではニワトリが肛門から生まれると知って驚愕…などなど、都会育ちには想定外の事態が多すぎて戸惑いの青春真っ最中。仲間や家畜たちに支えられたりコケにされたりしながらも日々奮闘する、酪農青春グラフィティ!!

【編集担当からのおすすめ情報】
あの『鋼の錬金術師』の荒川弘先生がサンデーで週刊連載に初挑戦!その超話題作が早くもコミックスになりました!濃厚すぎる農業高校を舞台に、主人公の八軒勇吾が悪戦苦闘しながらも、命の大切さを学んでいく…汗と涙と土にまみれた青春物語です。前作のファンタジーとは、違った面白さが詰まっています。こんな時代だからこそ、絶対に読んでほしい。そんな作品です!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 投げやりに来た学校で慣れない環境なのに、
    投げ出す訳でもないし、子牛を捕まえておかないと、
    という発想になるあたり、やっぱり八軒君は登場時から
    ずっといい人なんだなと思います。
    何になりたいの? と訊かれて適当にごまかすのではなく
    別に何も と答えるところや
    常盤君にできるまで付き合うよと言ってしまうところ、
    ニワトリ捕まえるの手伝ってくれないと言われて
    はいやりますと答えてしまうところも真面目です。
    その時すかさず「よし手伝いいくべ」と言い、
    「八軒おまえ人に構って損するタイプだろ」
    と言う駒場もなかなかの観察眼です。

    わざわざ一般入試で札幌からってみんなに言われつつも
    本当は家から出られて遠いところならどこでもいい
    と思ってきた学校。
    それでもスモークチキンひとつとっても
    先入観はいけないと前を向こうとしているところが偉いです。

    一位にこだわってしまったり、
    努力が報われないってのはなんかやだな
    と思ってしまうのも八軒君の心の傷なのだと思います。

    駒場君も踏み込みすぎでしたが、
    お互いに謝り合うシーンがあってよかったです。

    獣医さんが、大切なのは殺れるかどうか、
    それができなくてやめるひともいるし、
    諦めた人がダメってことはない というところまで
    言ってくれているところが素晴らしい。

    人間の気持ち1つで一生を左右される動物たち。
    その矛盾や不条理を常に頭の中において置かなければ
    いけないのだと思うのです。

    学校まるごと自給自足が可能という環境、
    考え方や生き方自体が変わりそうな気がします。
    作りたい、やりたいという生徒の声を
    相談したら大抵挑戦させてくれるというのは
    かなり凄い環境です。とても羨ましい。
    八軒君ではないですが、まず否定され
    そんな暇があるのかと言われる環境にいた身としては
    本当に心から羨ましいです。



    写真のあとゴミ拾い

  • 繝上ぎ繝ャ繝ウ縺ィ縺ッ謇薙▲縺ヲ螟峨o縺」縺ヲ霎イ讌ュ鬮俶?。繧定?蜿ー縺ォ縺励◆髱呈丼?茨シ滂シ峨?繝ウ繧ャ縲ゅ■繧?▲縺ィ繝?う繧ケ繝医′縲後b繧?@繧ゅs縲阪↓莨シ縺ヲ縺?k縺九↑縲ょ暑驕斐?縲悟虚迚ゥ縺ョ縺雁現閠?&繧薙?阪□縺ィ險?縺」縺ヲ縺?◆縺代←縲ゅ>縺壹l縺ォ縺帙h縲∝虚迚ゥ繝サ讀咲黄繧呈桶縺?セイ讌ュ縺ッ螂・縺梧キア縺??√→縺?≧縺薙→縺ォ縺ッ螟峨o繧峨↑縺??

  • 仔牛と仔豚ににやにや。
    今後どうなっていくのか楽しみですね。

  • 自給自足
    いただきます

  • *

  • どんな話かもわからないのに作者買い(笑)。
    だってまずハズレないし。
    今回は農業高校が舞台。
    同作者のコミックエッセイ『百姓貴族』とかぶる箇所があるかなー、
    と思いつつ読み進めましたが、そうだったりそうじゃなかったり。
    楽しく、そして色々考えながら読ませていただきました。

  •  6巻まで読み終わった。
     荒巻氏は鋼の錬金術師も読んだけど、キャラクターのかきわけも上手だし、ストーリーのバランスも良い。まさに、王道で安心して読める。

    11巻まで読み終わった 2014.6.24
     いよいよ二年生。
     御影の進学を手伝いつつも、自身の起業を考える。

    13巻まで 2015.7.12 
     馬術部の全国大会へ。みかげも進学目前。本人も「放牧豚」のブランドを考え、そろそろラスト目前。

    目標の見つからなかった主人公が、農業高校で様々な仲間と出会い、自分のやりたいことを見つけていく物語。

  • 繧イ繧ェ縺ョ繝槭Φ繧ャ繝ャ繝ウ繧ソ繝ォ蜊企。阪〒縲悟、ァ莠コ蛟溘j縲阪@縺滉クュ縺ョ荳?蜀翫?
    繧ケ繝医?繝ェ繝シ縺ッ縲∝圏豬キ驕薙?驟ェ霎イ繧貞ーよ判縺吶k鬮俶?。縺ォ騾壹>縺?縺励◆荳サ莠コ蜈ャ縺ョ豈取律縺」縺ヲ諢溘§縲
    蜒輔?蛹玲オキ驕灘?霄ォ縺?縺代←縲√%縺ョ蜀?ョケ縺ォ繝医く繝。繧ュ縺ッ豁」逶エ諢溘§縺ェ縺九▲縺溘?繝サ繝サ縲

  • ハガレンの作者の描く農業高校漫画だけあって、農業酪農のリアルが生々しいんだけど、それがいい。 これは続けて買いだ

  • ファンタジーの次はそう来ましたか。
    この人の仕事量半端ないな。

全765件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)に関連する談話室の質問

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする