銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.19
  • (1117)
  • (1143)
  • (501)
  • (39)
  • (5)
本棚登録 : 8691
レビュー : 765
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091231802

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 8巻まで読了。

    私、ご飯をきたなく残す人って本当に嫌いで、
    調理をしてくれた人はもちろん、素材を育ててくれた人にも
    しっかり敬意を示さなきゃだめでしょ!っていう人間なので、
    “命をいただく”ということについて考える良い機会になるし、
    “残さず食べる”という当たり前のことを植え付けてもらえる
    漫画だなって純粋に感じました。

    八軒くんとアキのやり取りにも優しい気持ちで向きあえます。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「当たり前のことを植え付けてもらえる」
      小学生の授業で読ませてあげたいくらい(と言いつつ私は1巻しか読んでいない、2巻はいつ読めるか?早く...
      「当たり前のことを植え付けてもらえる」
      小学生の授業で読ませてあげたいくらい(と言いつつ私は1巻しか読んでいない、2巻はいつ読めるか?早く読みたい)
      2014/04/25
  • もっと食べ物が出てくるマンガかと思ってましたけど、そうでもないですね。ちょっと子供向けかなぁ。

  • 農業に全く関係ない人生を送っていたのに
    ひょんな理由で農業高校に入った男の子の話。
    映画「いのちの食べかた」などでもフォーカスされている
    食の生産の現場ですが、この漫画も基本は
    ほのぼの面白い農業高校生活ですが、
    考えさせてくれる部分があります。
    また、主人公が元進学校出身ということで、
    学歴競争社会、自分らしいって何か、
    夢って何か、みたいなテーマにも触れられるお話。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      最近「鋼の錬金術師」を読み終えて、荒川弘って筋を通す人だなと思っている。そんな訳でこの作品と「百姓貴族」は読むつもり(1話完結の「百姓貴族」...
      最近「鋼の錬金術師」を読み終えて、荒川弘って筋を通す人だなと思っている。そんな訳でこの作品と「百姓貴族」は読むつもり(1話完結の「百姓貴族」からにしようと思ってます)
      2012/08/24
    • ofjさん
      ハガレンは、すごい人気ですものね~!
      読んでみたいと思いつつ読みきるのは少し大変そうなので、
      私もまずは気軽に百姓貴族から取り組んでみようか...
      ハガレンは、すごい人気ですものね~!
      読んでみたいと思いつつ読みきるのは少し大変そうなので、
      私もまずは気軽に百姓貴族から取り組んでみようかと思います!
      どうもありがとうございます~
      2012/09/10
  • ハガレンほどの派手さはないが、繰り返し読むうちにこれから面白くなりそうな予感。
    2~3巻はまだ読んでいないが、あまり説教臭い展開にならなければいいな…
    たまに手に取るたびに細かいギャグ描写にププッと吹き出してしまう。
    あと、ハガレンのコミックを買うたびに表紙カバーをめくる癖がついてしまったけれど、このコミックにも表紙カバー下のお楽しみあり。

  • 「家から出たい」という理由で札幌の進学校から農業高校にやってきた主人公の八軒くん。特に夢もないけれど、強烈な個性の仲間たちや、牛や馬や鶏たちとの日々を通して成長していく(のかな?)…という話。
    なかなか面白いです。なんで「銀の匙」っていうタイトルなのかはまだよくわからないけど。
    1巻なのでさわりという感じ。

  • 良い食育まんがですね。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「銀の匙」にするか「百姓貴族」にするか、それが問題(完結した方から読もうかなって密かに考えています)・・・
      「銀の匙」にするか「百姓貴族」にするか、それが問題(完結した方から読もうかなって密かに考えています)・・・
      2012/08/20
  • 荒川弘ひろむ 大蝦夷農業高校 八軒勇吾 酪農科学科 御影アキ 馬術部 幕別町 中札内村 TPPの波 体細胞クローン牛の作成過程って複雑だから 総排泄肛 卵管の出口と直腸が スモークチキン トリミングしたら美人 ヒエラルキー ホルスタイン部 帯広競馬場 ばんえい十勝 ひき馬 リッキーくん 北海道遺産に選定 開拓時代の名残産卵成績が悪いから淘汰された鶏 殺れるかどうか 経済動物を相手にしてる家畜獣医 夢を持つという事は、現実と闘う事になることを覚悟する事だと思うよ 情け無用の生か死かの二択人生に放り込まれる奴もいれば… 親密感 ハモった 豚丼 3か月後だ 子豚らを去勢 陰嚢を切開しタマを取り出し これをしないと雄の肉は柔らかくならない 燕麦 資本主義のブタどもめ!!!

  • 少年サンデーらしい漫画。
    私にとって少年サンデーは暑苦しくなくすっきりとした、青春漫画のイメージで、スマート。

    絵柄といい、内容といい、すっきり読めて、ためになって、おじさんからするととても微笑ましい。

    鋼の錬金術師の人気漫画家が、少年サンデーに移って書いたということがなんとなく納得できる。

    それよりも世の青少年たち(我ながらなんていうおじさん的表現)がこの漫画を好んで読んでいることに、日本の未来は明るいと思ってしまった。

  • ‹内容紹介より›
    果てしなく広がる大自然に囲まれた大蝦夷農業高校。そこで、八軒勇吾は学ぶ……
    生きるということーー
    生かされるということーー
    汗と涙と土にまみれた物語……
    春の巻 開幕!!

    ーーーー
    進学校の中学から農業高校へ進学した、非農家出身の主人公・八軒。
    周囲の生徒よりも「学力」はあるものの、将来の展望をしっかりと持っている同級生に対して、引け目を感じています。
    特異な環境の中で、成長していく主人公に期待。

  • 覚悟があるかどうか。

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする