銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.19
  • (1116)
  • (1143)
  • (501)
  • (39)
  • (5)
本棚登録 : 8691
レビュー : 765
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091231802

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いや~おもしろかったです。
    6巻まで大人買いして一気読みです。
    高校生の息子も面白いと言ってました~

    ところどころ、感動して涙がでちゃいました。
    いいこと言いますねぇ・・・・

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「6巻まで大人買いして」
      拍手!
      私は図書館に予約した2巻を3ヵ月待ってる。。。
      「6巻まで大人買いして」
      拍手!
      私は図書館に予約した2巻を3ヵ月待ってる。。。
      2013/07/19
    • あんてぃーく・ろーずさん
      息子(大学生)と折半して買いました(^_^;)新刊は息子が買ってきてくれてます~図書館に置いてあるんですか!?羨ましい。うちのほうの図書館に...
      息子(大学生)と折半して買いました(^_^;)新刊は息子が買ってきてくれてます~図書館に置いてあるんですか!?羨ましい。うちのほうの図書館には、西原理恵子は揃ってるけど、ほかは見たことないな。
      2013/07/20
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「図書館に置いてあるんですか!?」
      はい。
      多分、購入されているマンガは、リクエストされた分じゃないかな?
      「図書館に置いてあるんですか!?」
      はい。
      多分、購入されているマンガは、リクエストされた分じゃないかな?
      2013/07/29
  • 無性に卵かけご飯が食べたくなった!

  • 読んだ周囲の評価が高く、①②のみ入手。最初は敬遠していた中1の娘が暇にまかせて読み始めたら止まらなくなり、「続きを買って!」コールで本屋に走る。
    私も読み始めて納得。舞台は北海道の全寮制農業高校。高校生らしい将来への不安、自分とは?の悩みに加えて農業高校らしい「いのちをいただくこと」や現在の農家の問題にも触れていて奥が深い。「こんな高校に行きたい」と娘。ほんとだね、こんな仲間がいる高校があったらいいのにね。

  • とりあえず人が死んでみたりだとか、とりあえずケンカしてみたりだとか
    そういうのはもういいなぁ・・・と思っていた所にピッタリきた一冊。

    都会から出てきた学生が農学校に入り、なんにもわからないまま
    巻き込まれるように力仕事をして、朝早くに起きて、知らない間にたくさん人がいて。

    そうそうウマくいくはずもあるめぇという想いも一方にはあるところで
    ちょうどよくトラブルが起きたり主人公の足りない部分が浮き彫りになったりして
    でもあくまで牧歌的な雰囲気で描かれているので深刻になりすぎない。
    このあたりのバランスが良くて、読んでいて安心感があるのが良い。

    この作品に対して「命の大切さがうんぬん」みたいな安直な言葉は自分には違和感があって
    むしろ「どこにでもある普通のことを再認識させてくれる」というところに
    この作品の良さがひとつあるような気がしています。

    ずっと読みます。

  • 私には文句なしの作品。

    目標を見失ってしまった非農家の家庭の主人公が、農業高校での生活で生きる意味や育てることの大変さ、食べることの尊さを学んで成長していく作品。

    多摩子はある意味これからどうなっちゃうのかも楽しみw

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「食べることの尊さを学んで」
      良いねぇ~
      「鋼の錬金術師」を読んで荒川弘の真っ直ぐさに惚れたので、読んでみようと思ってます。その前に「百姓貴...
      「食べることの尊さを学んで」
      良いねぇ~
      「鋼の錬金術師」を読んで荒川弘の真っ直ぐさに惚れたので、読んでみようと思ってます。その前に「百姓貴族」を。。。
      2012/11/30
  • 1巻のときから存在は知っていたのだけど、ハガレンがあまり私の嗜好と合わなかったので、手を出しそびれていた1冊。
    漫画大賞ということで、ミーハー的な興味により読んでみた。

    結論、すごく面白くて悔しい。
    夢ってなんだ!という青春時代のお約束の問いかけから、
    農業高校という一般には知られていない生活についての、緻密で笑いあふれる描写に、農業や畜産にまつわる豆知識に。
    動物たちは可愛くっても、いずれ食される者たち。
    過度の思い入れは禁止だし、だけど動物への愛情なくしては成り立たない産業なんだな。

    主人公も、周りの人たちも、1巻だけで十分愛着がわいた。
    これからが楽しみなマンガだ。

  • ハガレン完結後、やっぱり同じくバトル物を期待していたのですが…

    あれ?農業高校が舞台の青春物ですか?
    一瞬肩透かしを食らったのですが、読んでみて考えを一変しました。
    これめっちゃ面白いよ!!

    こちらに住んでいると、皆に「熊出るんでしょ!」と言われるのだけれど、
    札幌では決してそう頻繁に出る訳ではありません。
    なので、思い切り八軒君の視点から読みました(笑)

    生き物を育てる事、そしてやがては人間の食べ物になる事。
    当たり前のようで、実際に目の当たりにすると怖気づいてしまう。
    何だかすごく共感しちゃいました。

    • ななこさん
      nyancomaruさん♪

      完結して一気読みって贅沢ですよね~!!
      連載中の作品を一度手に取ってしまうと、続きが気になって仕方ないですから...
      nyancomaruさん♪

      完結して一気読みって贅沢ですよね~!!
      連載中の作品を一度手に取ってしまうと、続きが気になって仕方ないですから><
      「鋼の錬金術師」は、完結してから大人買いして一気に読んだので、良かったなぁと思います(笑)

      「百姓貴族」は未読なんです。こちらも面白そうですよね☆
      同じ北海道出身なので、農業ネタはすごく親近感が湧きます(笑)
      2013/04/07
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「同じ北海道出身なので」
      そうなんですね、、、行ったコトがないので、いつか行ってみたいと思ってます。。。
      先日「ヒーローズ・カムバック」に収...
      「同じ北海道出身なので」
      そうなんですね、、、行ったコトがないので、いつか行ってみたいと思ってます。。。
      先日「ヒーローズ・カムバック」に収めれている「銀の匙特別番外編」を読んで、ホロっとしちゃいました。。。
      2013/06/03
    • ななこさん
      nyancomaruさん♪

      機会がありましたら、是非北海道にいらして下さい!
      札幌や帯広等、数か所を除けばホント田舎ですが……とにかく道...
      nyancomaruさん♪

      機会がありましたら、是非北海道にいらして下さい!
      札幌や帯広等、数か所を除けばホント田舎ですが……とにかく道は広いのでレンタカーを借りて是非(*^^)v

      「ヒーローズ・カムバック」知らない漫画も多かったので、どうしようかなぁと思っていたんですが、
      nyancomaruさんのコメントを拝見して、俄然読みたい気持ちがムクムクと!(笑)
      2013/06/16
  • どんな話かもわからないのに作者買い(笑)。
    だってまずハズレないし。
    今回は農業高校が舞台。
    同作者のコミックエッセイ『百姓貴族』とかぶる箇所があるかなー、
    と思いつつ読み進めましたが、そうだったりそうじゃなかったり。
    楽しく、そして色々考えながら読ませていただきました。

  • 小学生の息子に勧められて読んだ。投げやりな八軒君が酪農に目覚めちゃうんだろうな~と思いながら読み進めた。彼の周りは良い人だらけだ。学園ものにありがちな悪役が出てこない。それでも、ばんえい競馬が出てくる第5話辺りから、なんか馴染んできた。2巻も読もう!

  • つ、ついに手を出してしまった…。

    『百姓貴族』が大好きなので、
    本作で描かれるよりも、
    もっと過酷な現実があるのだろうなと思いながらも、
    実に面白い。

    命を育むということ、
    その命をいただくということ。
    この一連の営みの、なんたる本質的なことか。

    荒川弘だからこそ描ける、
    農業高校の面白おかしい、
    でもとんでもなく真面目な酪農物語!
    1巻で既に大好き!!

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする