マギ 9 (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.31
  • (245)
  • (198)
  • (78)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 2459
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091231987

作品紹介・あらすじ

新たなる土地、新たなる冒険。

シンドバッド王が治めるシンドリア王国に滞在するアラジン達。そこで始まる修行と冒険の日々。新たなる出会いや意外な人物と再開も!! 人と出会いにより始まる新たなるドラマをお楽しみください!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • モルジアナのふくれ面、練紅玉の恥じらいが可愛い…!

  • 前巻に引き続いてのシンドリア国編。シンドバッドの部下で、八人将と呼ばれる個性豊かな面々が登場します。その内の2人で今回の表紙を飾るシャルルカンとヤムライハ。アラジンとアリババは彼らにそれぞれ修業をつけてもらうことに。また煌帝国から白龍と紅玉が留学生としてやってきます。

    登場人物がどんどこ増えてくるのですが、みんなキャラ濃いなあ~。今後のキーパーソンとなりそうなのが白龍。そして今巻は紅玉やモルさん女の子達が恋する乙女でとっても可愛かったです。

    自分が奴隷だった頃の足枷を、自らの眷属器に選んだモルジアナ。 これは大切な人たちからの恩義のつもった、誇らしい大事な品だからと言い切る彼女にうるうる。

    「王子と皇子」というサブタイトルですが、
    「王子=王様の息子」「皇子=皇帝の息子」

    ……じゃあ王様と皇帝の違いって?と調べてみたら一般的には
    「王様=ひとつの国、もしくは民族を支配する元首」
    「皇帝=複数の国、もしくは民族を芝居する元首」
    うーんそのまんまだ…笑

  • ようこそシンドリアへ!
    私の大好きなシンドバッド王の国が舞台とあって、それだけでもうお気に入りの巻です。
    王の臣下もみなさんいいキャラばかり。
    でも何より王様が可愛くてなりません!けしからんです!

    お話は主人公達3人組は各々師匠の下修業⇒実践のため迷宮へ向かうところまでです。
    次も楽しみ!

  • 1巻〜9巻までまとめ読み。少年マンガらしい…というかサンデーらしいお話ですね。シリアスとほのぼのとギャグが良い具合にまとまっていて楽しいです。キャラクターも可愛い!モルジアナちゃんとジャーファルさんが好きでした。

  • モルジアナがひたすら可愛い巻

  • モルジアナが可愛すぎて困る

  • モルさんがとても可愛い巻!ついに!
    他にも女の子らしい代表のお姫様が再登場したり、可愛い女の子がいっぱいでてきて、ホクホク
    ストーリー的にも次が楽しみなところです。
    はやく次が読みたい。

  • シンドリア編の始まり。シンドバッドの国、シンドリアでアラジンはヤムライハに魔法を学び、アリババはシャルルカンから剣術を学ぶ。モルジアナはマスルールに格闘を。やっときた休憩巻かと思ったけど、シンドリアが魅力的に描かれていて全然箸休めっぽくなかった。シンドバッドの八人将がカッコいい。アリババもモルジアナも新たな金属器にアモンを移したり、自分を縛っていた足枷で眷属記事を作ったりみんなレベルアップしてる様子。シンドバッドが淫行疑惑かけられてたところはうけた。モルジアナはアリババに恋してる感じかな?アリババの一言ひとことに照れてるモルジアナが可愛すぎた。後半は煌帝国から白龍皇子が。アラジン、アリババ、モルジアナと4人でダンジョン攻略に行くと。楽しみ。

  • 結婚詐欺?

  • 箸休め巻。ヤムライハとシャルルカンの仲良しっぷりがかわいい。

全81件中 1 - 10件を表示

大高忍の作品

マギ 9 (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×