アオイホノオ (8) (少年サンデーコミックススペシャル)

著者 :
  • 小学館
4.01
  • (44)
  • (66)
  • (39)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 526
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091232496

作品紹介・あらすじ

時は1980年代初頭--近い将来、ひとかどの漫画家になってやろうともくろむ一人の若者がいた。男の名は焔燃。実力と自信が一致せぬ19歳は勝手にライバル視するプロ漫画家から勇気をもらい…ついに学園ラブコメを描く!!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 描き手の苦悩がうかがえるエピソードでした。
    楽して描きたいとか不謹慎かもですが、言い換えれば効率化!ですもんね~。軽視してはいけない!と私たちに伝えてくれたのではないでしょうか。

  • アオイ君じゃなくてホノオ君、最初っからずっとモテモテだよな。やっぱり目標のある男はちがう。

  • 時は1980年代初頭-- 近い将来、ひとかどの漫画家になってやろうともくろむ一人の若者がいた。男の名は焔燃。実力と自信が一致せぬ19歳は勝手にライバル視するプロ漫画家から勇気をもらい…ついに学園ラブコメを描く!!?
    「高いハードルは華麗にかわす」熱血芸大生の七転八倒青春エレジー不滅の第8巻!!(Amazon紹介より)

  • 2016/11/19購入
    2016/11/20読了

  • 「原秀則」さんとか「車田正美」さんからインスピレーションを得て描く!
    何とか描ききって集英社に送る!
    中学生に微妙につっこまれながら。。。
    つか、
    ギャラクティカマグナムとかギャラクティカファントムのpはギャラでてんの?
    もらっちゃアカンでぇ~!

    ・・・。
    お、
    岡田家増築?!

    つか、
    「トンコ」さんは「ホノオ」君に気があるのか?!

  • ようやくマンガを書き始めたホノオくん。学園ラブを書こうとするが、肝心な「校舎」すら書けない・・・。机が並んでるところなんて書きたくない。ということで、手抜きを模索するホノオ。出来上がってしまったのが「学園ラブコメスポーツギャグマンガ」。「手抜き学園ラブコメスポーツギャグマンガ」はとんでもない方向に進んでしまうけどこれでいいのだろうか・・・。言うことだけはもっともらしいんだけどな。一方ガイナックスの原型は着々と出来上がりつつある。またしても置いて行かれてるぞ!ホノオ!

  • いやぁ、そう、学園ものって校舎とか教室の中とか本当に描くのにくたびれるものですよね‥。
    今回も面白かった!

  • ついに、「炎の転校生」が、始まりました。まぁ、ここまで考えては書いてなかったと思うんだけど……。

    世はガンダムの時代へ。そして、ダイコンへの道も。
    黄金時代の始まりですね。

  • 中を読んだら表紙の意味がわかった。いろいろハードルがあるのね

  • もう相変わらず好きて、
    この作者好きすぎて死にそう。

    ホノオくんの無闇な自信と突っ走り、
    モテてるのにイマイチ気づいていない所、諸々最高です。

    まあ最初の「机を40個描かなければいけないんだ…!」的シーンから笑ったんですけど、
    (おかげで表紙と中表紙がすげえギャグ絵に見えて笑えて困る)、
    きっちゃんと高橋のホノオいじりがおかしすぎて死にそうでした。

    自慢しにきて、
    苦悩する姿を楽しむきっちゃんたち…
    うん、正しい、正しい。
    ホノオくんが本当にいたら、わたしも全力でそういう楽しみ方するわ。

    ホノオくんの可愛さだけでも読めるんですが、
    今の最前線クリエーターの青春物語ってとこも面白いんですよねえ。

    山賀…
    天才だし…
    そういうのし上がり方もあるんだなー
    そういう方法を早く教えて欲しかったよ。

    Twitter見てから岡田斗司夫苦手になったんですが、
    このマンガ見てから一周回って面白く見ることができるようになりました笑

    これはフィクションですけど、
    こういう人だと思えば、Twitterのあのコミュのとり方も気にならない!
    家族して笑!
    姉ちゃん入院さすな笑!

    ストーリーも面白いんですけど、
    作者の個性含めてメタ的にも楽しめる、
    島本先生は最高です。

    もしも島本ファンドとかあったらうっかり投資しちゃうレベルには好き。

  • やっと描き始めた主人公。言い訳すら個性に変える島本さん特有の論理展開が楽しい。「逆境ナイン」を思い出した。

  • 「ホノオの世代の」オタク達の話はほんと面白い。記憶だけで描くって凄いよ。だから好きなもんだけドンドン上手くなってくんだろうな。描きたいことがたくさんあるんだろう。全部読みたいから全部描いて欲しい。しかし原秀則好きだなーw

  • 原秀則の作画分析から活路を見出すホノオ。編集者へ送るべく原稿を描き上げたのですが、これが結構面白いのです(島本和彦の本物かなぁ?)。

    ヤマトやガンダムの映画ネタもなつかしいです(私は、ガンダムはTVも映画も一切見ていないのだけど周りで盛り上がってたなぁって……)。

  • 結構良いペースで、出てますね。
    ちょこちょこ島本作品読んでましたが、これが一番面白いんじゃないでしょうか?
    (仮定の話として)転校してきた生徒「転校太郎」(笑)
    安易だ、あまりにも安易だ(^-^;)
    背景は確かに難しいかもしれないけど、背景よりも人間の方が
    遥かに難しいと思うぞ。
    頑張れ、焔燃!!そして、庵野さん達はどうなる?
    次かな?DAICON3の製作は?早く見たいです。
    DAICON3.4はもう100回以上は見てると思う。あれ、不思議な魅力があるよね。

  • ついに島本和彦がマンガを描いた!!!!
    80年代初頭のオタク系若者の風俗として面白いし、ワナビ的な若者の生態としても面白いし。
    でもいちばん注目してるのは、みんな同じだと思うけど、庵野秀明の半生よね。。。今回は岡田斗士夫がより、「俺すごいやろ」になった話だった。すごいなぁ。

  • そうか!あだち充とアストロ球団以外の野球漫画は(全部)水島新司の亜流なのか!(笑)

    しかし出てくる作品群はだいたい自分も読んではいたんですが、やはり年齢差もあるし
    何よりこんな深い読み方はしていなかったので(爆)
    (未だに出来ないしするつもりもありませんが・・・)
    やはりオリジナリティーに立ち向かう創作者側の凄さを毎回思い知らされます。

  • なぜメジャーデビューに近付けば近付くほど痛い子に……現実の壁とはそういうものではあるか。山賀博之の狂気に近いおかしさが最高だった。

  • 学校を描く

    という葛藤、今まで考えたこともありませんでしたが、言われてみれば確かに!!

    嘘とホント、リアルとファンタジー。

    背景って難しいんですね・・・。

  • 【今回の名言】
    上手くごまかせる人間がプロなのだ!

    漫画描いてる人、漫画読むの好きな人には押さえておいて欲しい、アオイホノオ。
    名言至言てんこ盛り。

    そして今回はリンかけとアストロ球団が読みたくなること間違い無し。
    リンかけ…中学生だったんだなぁw

  • やっと出た☆
    今回も島本語録に新たな1ページ、いや、2、3ページ追加されたような勢いです(^ー^)ノ

    いやぁ、抜け道テクを発見したときのテンションの上がり具合、リアリティありますね(^^;;

  •  さすが原先生若者の勇気と夢を与える存在。受け手側から発信者になったと確信したときのホノオがいいですね、この余裕がまたぶっ壊されるところがみたいです

  • マンガ大賞あげていいんでないの?

  •  デビュー作誕生までのストーリー

  • 120512 購入読了
    炎燃の漫画作成そのインスピレーションについての8巻。メタネタがマニア心をくすぐる。オタクの生態が生々しくってステキ!!

  • 私も学校を描くの大変だったことを思い出しました。

  •  この「何もつくれないし何もできない男」と思われていた山賀さんが、数年後にオネアミスの翼を創っちゃうんだよな〜という神の視点で楽しむ。

     いま読み途中の「遺言」(岡田斗司夫)と合わせて読むと更におもしろい。

全27件中 1 - 27件を表示

アオイホノオ (8) (少年サンデーコミックススペシャル)のその他の作品

島本和彦の作品

この作品に関連するサイト

アオイホノオ (8) (少年サンデーコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする