アオイホノオ (7) (少年サンデーコミックススペシャル)

著者 :
  • 小学館
4.02
  • (55)
  • (67)
  • (46)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 578
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091232786

作品紹介・あらすじ

ホノオに最大のライバル現る!!?

時は1980年代初頭--
近い将来、ひとかどの漫画家になってやろうともくろむ一人の若者がいた
。男の名は焔燃。
心はすっかりプロ気分の19歳は
勝手にライバル視する相手の活躍に
焦り、もがき、戦い続ける---!!

「エヴァンゲリオン」総監督・庵野秀明の人生も描いた
熱血芸大生の七転八倒青春エレジー急加速の第7巻!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 岡田斗司夫さんの家ゴイ!Σ(゚д゚)
    その一方でホノオ君がじわじわと漫画を描き始める様子が良い巻でした。相変わらずグダグダ言いながらですが、そこが彼の魅力でもあるなあと(笑)

  • 主人公よりもやはりガイナックスの面々が気になって仕方ない。
    岡田斗司夫も出てきてこれで面子は揃った感じかな。
    ここからが面白くなりそうな部分ですけど、主人公がどう絡むのか。
    と言うか、絡まないのか……。
    しかし、岡田斗司夫って脚色はあるとはいえ色々すげえよなあ……。

  • 岡田斗司夫の家に笑った!
    ガイナックスチームも動き始めてて
    ホノオくんも漫画に向き合い始めてて楽しい!!

  • オタキングがもはや人に見えない。ご両親がすごい人だったのは良くわかった

  • 岡田斗司夫登場。すばらしいキャラだ。

    そして、島本さんも、西原 理恵子のマンガとか読んでると、あのテンションのままの理屈っぽい人のようですね。

    みんな、キャラたってる(笑)

    しかし、この炎の路線とガイナの路線は、いつ交わるんだろう……。

  • そんで以て、いろいろあって週刊○年ジ〇ンプへ投稿する焔は、見事に!!
     また、あだち充の他に原秀則も、「アハ♡」と言ふものを開発してゐた!!
     そして、矢野健太郎が!!あのガンダムキチガイの矢野健太郎が!!!マンガのためにすべてを捧げた、彼が!!焔燃の先に、ホノオがやりたかったものを、全てぶち込んで、デビューを果たす!!
     この擬音は、(前山上たつひこ先生の作品で人を殴る音と称する「おまんこ」といふのを見たことがある)なかなかかっこいいな!!
     さらに、庵野秀明とかは、完全におかしい男、岡田斗司夫と接触し!!伝説を始動させる!!かっこいい!!

  • 間をおいて,ようやく読み終えた。矢野顕太郎のことボロッカス言うとんなぁ(笑 出てくる漫画家のほとんどは好きではないので読んだことすらないが,時代をリードしてきた漫画家たちであることは間違いない,島本和ひk……焔燃は?

  • 岡田斗司夫さんの話はどこまで本当なんだろうか?と言うか怒らないか?

  • ホノオはやく漫画かけw

  • 岡田斗司夫のオーラがとにかく凄かった。それと顔が誰かに似ているなーと思ったら、長州小力だったのを思い出した。原秀則についてはちょっとした黒歴史があるので省略。

全48件中 1 - 10件を表示

アオイホノオ (7) (少年サンデーコミックススペシャル)のその他の作品

島本和彦の作品

アオイホノオ (7) (少年サンデーコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする