名探偵コナン (8) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.55
  • (60)
  • (38)
  • (166)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 1056
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091233783

作品紹介・あらすじ

▼第1話/ついに見つけた!!▼第2話/闇の男爵(ナイトバロン)▼第3話/恐怖のウイルス▼第4話/仮面の下▼第5話/蘭の涙▼第6話/風のいたずら!?▼第7話/落下地点の秘密▼第8話/花嫁の悲劇▼第9話/禁断のレモンティー!?▼第10話/殺しの理由
●登場人物/工藤新一(高校生名探偵。謎の組織の薬により体が小さくなってしまう。正体を隠すために"江戸川コナン"を名乗る)、阿笠博士(ただ一人コナンの秘密を知る、風変わりな発明家)、毛利蘭(コナンのガールフレンド)、毛利小五郎(蘭の父。おっちょこちょいのヘボ探偵)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ナイトバロンが再び登場、作中の話だけど実際読んでみたいなぁ。憧れの人が犯人だったらと思い悩む蘭ちゃんに、回想シーンの新一の言葉が心に残る。結婚式での事件も切ない…、でも「数年後に…」というラストのコマがよかった。(コナンの世界の数年後って…)

  • 切ない話が詰まった巻ですね…

  • 少年サンデーコミックス

  • 中学の担任の先生の結婚式の事件はすごく印象的。コナン君が、先生の応急手当するシーンが好きだなぁ…

  • 神出鬼没のナイトバロンにドキドキする。
    犯人と、それを取り巻く人間関係も絶妙であった。

    ・闇の男爵(ナイトバロン)転落殺人事件
    ・ホットレモンティー、花嫁の悲劇

  • 2度目の眠りの園子。
    レモンティーの事件は、覚えてた。
    かなしいけど、良い話。

  • ナイトバロンと結婚式の事件収録。

  • 蘭が空手の技でドアを壊したところがかっこいいです。

  • 初恋の女の子に対して…

  • コナンと蘭達の先生の結婚式、悲しい事があったけど最後の最後にはHappy endで感動しました。
    松本警視正は今後たまに登場しますが先生はここだけ。
    たまには再登場して欲しいです。

全25件中 1 - 10件を表示

青山剛昌の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

名探偵コナン (8) (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×