銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館 (2012年4月18日発売)
4.25
  • (612)
  • (617)
  • (226)
  • (13)
  • (0)
本棚登録 : 5075
レビュー : 334
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091236531

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  これだけ登場人物が出て、主人公はきめ細やかに悩んでいるというのに、周りの登場人物らがブレないな……君らはモブなのか!?
     なんというか主人公が細かく描かれすぎているからこそ、周りのギャグキャラっぽい仲間たちに違和感を感じてしまう。
     もっと群像劇にならないかなぁ。なるかなぁ。

  • 八軒の兄貴、いいキャラだー。しかし、父への反抗だけで大学辞めちゃっていいのか?肝心のラーメン修行も、自らの料理のセンスの無さに気づいてるのやら気づいてないのやらw 天は二物を与えなかったのだ!
    しかしそういう兄の気楽な生き方は八軒とは違いすぎ、理解不能なものとしてしか映らない。兄弟が分かり合う日は来ないのか。

  • タマコのところで見学。
    それから、またアキの家でバイト。アキと話をしているところにお父さんが監視をしている。それにしてもアキのお父さん怖いw。
    そうこうしている内に、牛が紛れ込んで、アキの家の牛と混ざってしまう。八軒の兄が来て牛を捕まえる協力をしてくれる。
    駒場の双子の妹がとうもろこしをもって来て皆で食べる。美味しさに感動している。たしかに美味そうだ。
    それから、夏休みが終わって皆の変わり様がすごい。
    ちょっと笑ってしまった。

  • 銀の匙にどんな意味があるのか未だ明かされないのは何故。

  • 友人から借りた。
    お兄ちゃん登場!すごい破壊力。
    豚丼のこと、バイトのこと、ひとつひとつ一緒に体験しているようだ。
    私だったらどうするだろうと考えさせられる。
    それと同時に、一緒に高校生活を体験させてもらえてる、この本に出会えて嬉しい。

  • 八軒くんのお兄さん登場やらタマコの激変ぶりやら出店攻防やら笑いどころ満載でした。

    大事に育てた豚丼が出荷されます。
    「殺すのは可哀そうだから」と思うのは日ごろ食している肉に失礼ですね。思ってはいけないけど割り切れない。八軒くんの決断にはそういったぐるぐるした思いが詰まっているんじゃいかなぁと。

    今回屠畜のお話が出てきたので、内澤旬子さんの「飼い喰い」、「世界屠畜紀行」を合わせて読んでみては・・・とご紹介。内澤さんはまさに個人で八軒くんと同じことをした方です。子豚を飼い育て、大きくなった豚を肉にして食すまでを書かれています。エッセイなのでよりリアルです。豚丼の件を読みながら思い出さずにはいられませんでした。

  • うらやま。

  • 御影牧場での夏休み。 
    採りたての焼きトウキビも食べたいけど、八軒兄のラーメンも食べてみたい。
     
    多摩子痩せたな・・・
     
    牛丼も豚丼も好き。
    いつも美味しく食べれるのは畜産農家のおかげ。
     
    感謝!

  • 以下続刊。

  • 3~5巻
    3巻からグググッと面白くなってきましたよ。
    ギャグを織り込むタイミングが絶妙で、調子が上がってきた感じ。
    読んでると明らかにおなかが空いてくる。

全334件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする