銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館 (2012年4月18日発売)
4.25
  • (612)
  • (617)
  • (226)
  • (13)
  • (0)
本棚登録 : 5074
レビュー : 334
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091236531

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 学校で飼育している豚に思い入れている主人公に感情移入できなかったのでやはり微妙。
    今まで豚をかわいがってるシーンも特にないのが原因かな。
    「お前、豚のこと可愛がってたもんなー」とか「名前までつけて可愛がってる」とか全部セリフだけで説明しちゃってる。
    ちゃんと豚を愛でるエピソードが必要だったと思う。

    そして主人公の兄登場。
    これまた終始おどけてるキャラなのでノリについていけず‥。

    この作者のコメディーのノリが合わないと楽しめない漫画だよね。

  • はたらく事、食べる事、お金の使い道、当たり前と思っていた物の変化というかトランスフォーム?

  • 来年1月に6巻がでるそうです

  • 豚丼を買ったんだー…。
    あんなことがあった後に受け取ったバイト代、意味のあることに使おうって思ったんだねぇ。
    次巻、豚丼を受け取る時にどうなるのかな。

    「一回失敗した位で「俺なんか」なんて言っちゃダメよ」
    いい言葉だー。
    将来子供ができたら言ってあげたい。
    ちゃんと覚えておきたい言葉。

  • 子供は大人の気持ちが分からんもの、大人が子供の気持ちを分からんのと同様に。
    ところで御影の婆ちゃん、めぞん一刻の婆ちゃんに似てるなあぁ、どうでもいいことですが。

  • 相変わらず面白い。

    八軒のお兄さん良いキャラしてんなぁw

    御影が八軒と吉野のデマの時に、教科書逆様にしてて心ここにあらずって感じだったのも笑ったw

    そしてついに次巻豚丼の肉が届く…!!

  • 痩せたっていうかトランスフォーム
    当たり前だと思い込んでた物を一度きちんと捉え直すのも大事だな

  • 夏休みにバイトしている話(前巻)から

    働くこと、それでお金をもらうこと。それをどう使うか。

    価値観について問われている気がしたし、
    自分の行動を考えさせられた。

    豚丼のことも含め、
    “命”や“食”についてのことが多いため
    心にくるものがある。

  • 普通に面白い。作者の体験が生きているのだと思う。

  • ヒロイン宅の住み込みバイトから、夏休み明けの学校開始まで。
    あとお兄ちゃん登場。余裕で東大に受かる頭を持ってるよ。むかつくよ!
    搾乳のミスは、すっごいわかる。同じミスがあるわけじゃないけど、悔やんでも悔やみきれない、みたいな。
    学校でもいろいろあるけど、主人公の周りに人が集まってるのが好き。
    たまこが一話分超美人になってその後はまた戻ってた。

全334件中 101 - 110件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする