銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館 (2012年4月18日発売)
4.25
  • (612)
  • (617)
  • (226)
  • (13)
  • (0)
本棚登録 : 5072
レビュー : 334
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091236531

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大人のコメントが多いよね。真面目なのに楽しい展開は、もやしもんにも通じるか。

  • 八軒くんのお兄さん登場。
    とても面白い人。

    八軒くんはまだまだ悩み中。
    「八軒は変わった事するなぁ」という先生の言葉に、「間違った事しちゃいましたか俺…」と焦る八軒くんが印象に残った。
    正しいか間違いかなんて誰にも言えないことなんじゃないかなぁと思う。
    そう思うのだけど、八軒くんの気持ちがすごく分かる自分がいる。

    次巻の八軒くんがどうするのか、とても気になる。

  • 働くこと食べること命のこと 今一度、生きることを改められる。
    豚丼が連れていかれるところ 切ない…。

  • 中学二年生の時、北海道の酪農家にて一か月ほど働かせてもらった事がある。その時に感じた、雄大さ(でかい!)、広さ、それに対する驚愕、そして牛の糞のくささ(すぐに慣れる)を思い出した。地方の公立高校って行ってみたかったと常々思うのだけど、これもそんな一冊。いまだに寮生活への憧れは止まない。

  • 前巻までは百姓貴族はすきだけどこっちはなぁ...とおもってたけど面白くなってきたー続き楽しみ!
    ネタ帳的な百姓貴族と同時進行でもやってけるのがすごいなー。

  • やっと3巻出た━━ヽ(●´∀`)○´∀`)ノ━━っ
    豚丼かわいいよ豚丼
    あいもかわらず、読んでいるとおいしいものが食べたくなる漫画ですな(*´∀`)

  • 悩む青年と共に青春を謳歌し農畜産業を勉強しようぜ!

  • 御影家のひいおばあちゃん、小さくて可愛い。

  • 農業と人生がこんなにも似ているものだとは思わなかった。
    八軒といっしょに自分の考えの甘さや人生観について勉強させられる。

  • 御影牧場での夏のバイトの続き。
    八軒くんは真面目ですね。あのお兄さんがいれば反面教師でそうなるのかな(笑)
    農業の大変さを知る反面、豚丼を買い取るという割り切れないところもある優しい都会っ子だと思います。肉になって戻ってきた豚丼。どうするのかなあ。続きが楽しみ。
    しかしタマコちゃん…なぜ元に戻った…

全334件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする