銀の匙 Silver Spoon (4) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.20
  • (522)
  • (606)
  • (229)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 4847
レビュー : 299
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091237729

作品紹介・あらすじ

肉になって帰ってきた豚丼…そして八軒は…夏編完結巻!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「今夜、俺はあいつに会いに行くぜ…!!」

    「お前まさか……」

    「無断外出ッ……!!」

    「バカね…」

    "エリア51"にあいつがやってくる「夏の思い出」まさかの前後編。
    こういうくだらないことを無駄にシリアスっぽくする演出大好きだよ。

    しかし八軒はず~っと何かしら悩んでる。
    難しいことや決まりきってることをあれこれ悩むのはたしかに大変だけど、そういうもんだと投げ出さずに自分で考えるってのは大事なことだよね。
    悩むことも逃げることも、決して無駄にはならない。

    そしてそれでも暗くならないし説教臭くもならない、コメディとの絶妙なバランスはさすが荒川先生。面白かった。

  • 肉になって豚丼が返ってきます。
    豚丼を食べるとき、みんなが
    「八軒、いただきます!」と手を合わせていうところも
    1コマですが良いシーンです。

    一人でベーコンに加工して
    答えは出ないものの、少しスッキリしたという八軒君。
    燻製にするときの煙を見て、駒場くんが
    「葬式みたいだな」と言うのが印象的です。

    出来上がったベーコンの味見がまたプチパーティになっていくのが良いですね。

    答えは出ないからこそ、また新しく来た子豚たちに
    名前をつける八軒君。
    生き物を食うってこんなもんだよね、で終わりたくない。
    それに感化されて、吉野さんもそこから発展して
    ホエー豚の研究をやりたいと発言します。
    先生やトモダチとの関係がすごく良いです。

    校長先生が、生きるための逃げはあり、
    と言ってくれるのも良いですし、
    そこで安心するわけではなく
    逃げられないやつはどうしたらいいのか、
    と考えてしまうのが八軒君らしいところです。

  • 農家の子供達のオタクっぽさが面白くなってきた。命をめぐる様々な葛藤が、リアルで、1人の人として生きている感じ。友達のことも大切にして、ここにはいじめとか、差別とかないのかななんて思ったり。命に触れていると人間、大きくなるのかなぁ。

  • 八軒、豚丼を食すの巻。

    悩み続けることを選ぶのはすごいなと思う。
    「「生き物を食うってこんなもんだよね」って割り切って達観しちゃえば楽だけど、俺は、それは、やっぱ嫌です!」
    こう言われると、如何に自分が何も考えていなかったかが分かってしまう。
    これで八軒がベジタリアンになったらたぶん何か違うと感じると思うのだけど、俺何やってんだと悩みながら徹底的に心のモヤモヤに向き合う。
    安易に結論付けることを拒み続ける。
    その姿にすごいなぁ…と思ってしまう。

  • 実習で飼っていた豚が精肉され、その肉を自分で稼いだ金で購入した八軒。豚肉を燻製してベーコンに。

    悪戦苦闘しつつも良い出来に仕上がったベーコンは多くの人に受け入れられる。
    面倒を避けられずしょい込んでしまう体質、しかし、その分ひとより成長している。

    夏の思い出。エゾノー敷地内の通称エリア51に“あいつ”が現れる。男子が協力し合い決死の覚悟で寮脱走を図り、あいつを一目見に行く(笑)

    そして、季節は秋に・・・

  •  豚丼始末記は、わりにあっさりしていますが、‥‥まぁ、そんなもんですわ、農家って。
     今回は校長先生の
    「生きる為の『逃げ』はありです。」
     という話にうるうる来ました。

  • 思っていた内容とちょっと違っていましたが、確かに話題どおりすごく面白い!まるっとその通りではないけれど、(鹿は車と衝突あるけど熊はめったにございません)北海道って大体そんな感じと読んでて思いました(笑)
    しかし食べ物がみなうまそうです。「豚丼のベーコン」、私にも売ってくれと思いました。

    面白おかしく読んでいながら「食べるということ」について深く考えさせられてしまいます。いやぁ、荒川センセはすごい。

    「ハガレン」の時のキャラのそっくりさんがあちこちにいてそれも密かに楽しい♪ 続きが最も気になる漫画です。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「熊はめったにございません」
      へぇ~
      ウチの近所では、野良猫、イタチ、巨大ネズミくらいしか居ません。。。
      図書館に予約中(2巻目を半年...
      「熊はめったにございません」
      へぇ~
      ウチの近所では、野良猫、イタチ、巨大ネズミくらいしか居ません。。。
      図書館に予約中(2巻目を半年くらい待ってます)。。。
      2014/03/03
    • ruko-uさん
      きつねや鹿とのニアミスはしょっちゅうあります(^_^;)そんな山の中とかド田舎に住んでいるわけではないのですけれどね。

      原作、まだまだ...
      きつねや鹿とのニアミスはしょっちゅうあります(^_^;)そんな山の中とかド田舎に住んでいるわけではないのですけれどね。

      原作、まだまだ続きそうですが映画も楽しみです♪
      2014/03/04
  • 鋼の次は銀なのね。

  • みんな仲良しで、生活も学業も充実してていいな!労働はキツイだろうけど、手作りのベーコンやチーズ、美味しいんだろうな!!

  • 読んだ後でブラウザを開いて「ホルスタイン」で検索。  ほんとホルスタインって綺麗ですね・・・

全299件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon (4) (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

銀の匙 Silver Spoon (4) (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする