銀の匙 Silver Spoon (4) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.20
  • (522)
  • (606)
  • (229)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 4854
レビュー : 299
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091237729

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 豚丼を自らベーコンにした八軒。
    肉を持ってると、みんなにモテモテ!
    物々交換っていうのが、農業高校っぽくて笑えました。

  • とにかく「食」について笑わせながらも考えさせてくれる 今後も楽しみ

  • お金の使い道も、命をいただくことも、丁寧に考えていこうと思いました。

  • 「生きるための逃げは、全然アリです。ありありです。」

  • 八軒くん、この巻もモテモテ。食を楽しむっていいなぁ。その際の葛藤とか、苦労とか全部ひっくるめて。命の根源だものね。

  • 華は無いけど少年漫画の主人公の要素あるよね八軒。
    農業高校楽しそうだなぁ。

  • 豚丼を豚丼にして食べたり燻製にして食べたり、人に売ったりして自分なりの使い方をする八軒。今度は駒場馬と御影の関係とか何があったか気になってもやもやしていたりする。その頃駒馬は野球の試合に出ていて…。

  • 前巻最後で「豚丼」の枝肉を購入することを決めた八軒。
    そしてその肉が学校に届き、八軒の手に。

    答えが出るか分からない問題に、それでも真摯に向き合っていくことを決めた彼に、1巻冒頭時からの格段の成長が見受けられました。
    そんな八軒に刺激され、周囲の人間も意識を変えてきている様子。今後が楽しみです。

  • 第27〜35話収録。
    2〜3巻飛ばして読了。可愛がっていた豚丼、全部自分で購入したのね。その葛藤シーン読みたいな〜!レンタル店で珍しく在庫だったので思わず借りたけれど、やはり飛ばして読むべきでなかった…。その後にやってきた豚たち、そして父に立ち向かう姿勢に感心しました。また校長との会話も良い。ギャグシーンは正直好きではないけれど、生物との向き合い方や八軒が成長していく所は好きです。

  • 近日、映画化した作品なので、御存知の方も多いのでは?大人から子供迄、家族皆で楽しめる漫画となっております。進学校に入る事を希望していた少年がTHE体育会系の農業高校に進学し、色々な経験をして学び夢を探し出す…という青春ストーリーです。とにかく「いいひと」の主人公が可愛いです(笑)

全299件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon (4) (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする