マギ (13) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.13
  • (149)
  • (168)
  • (88)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 2171
レビュー : 74
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091237743

作品紹介・あらすじ

TVアニメ化決定!2012年10月より放送開始予定

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 白龍くんがモルさん好きすぎてコノヤロウww

  • 大人が女の子の心を弄んじゃあ、いけないなあ。

  • もう可愛いがいっぱい。白龍がモルジアナのことを思うとルフが桃色になっちゃうのとか、アリババと紅玉が友達になるところなんか最高に可愛すぎた。シンドリアを旅立った直後の船の中でのアリババいじりなんて面白かったし。しばらく笑えた。アリババの剣闘士楽しみだな。魔力操作も身に付けて早くさらに強くなったアリババが見たい。新しい旅の道中で海賊に遭遇。大聖母率いる魔法道具を身に付けた海賊相手に4人で戦う。困った人たちを見過ごせないいい子たち。しかし白龍いつのまに金属器使いこなせるようになってたんだ。しかも今回1番活躍しちゃって。私はアリババが好きだよ。

  • それぞれの目的に向かって進むため、
    みんな一緒には、最後の戦いへ。
    困っている人をほっとけない人たち。

  • それぞれ旅立つ
    モテないアリババの話面白い。
    途中で海賊とバトル
    母性を利用した攻撃。

  •  今回は、それぞれが旅立つ直前の対海賊戦。またタチの悪い敵が出たものである。この辺の厭らしさと、そこに登場人物の過去を組み合わせる手並みはさすがのところだろう。
     一冊を丸々使って、これからの魔法を中心とした物語(となるだろう)マグノシュタット編の下ごしらえをする辺りは、人気作の余裕だろうか。もっと多くの作品がこれくらい丁寧に物語を進行させられれば、とも思ったが、大高さんくらいに構成力がある方でなければどのみち意味はないか。

     今回はギャグの切れ味を評価して、星五つと評価した。それにしても、アリババの童貞キャラはどこまで続くのだろうか。たぶん、どこまでも続くんだろうなあ。

  • 【レンタル】読後印象に残るのが表紙だとか……。流れで読んでる感じになってきている。勿体無い。アリババくんはイジり甲斐があって可愛い。

  • アリババがいじられすぎてて笑った。
    アリババと白龍の会話が面白い。
    聖母後光扇を受けてしまって、敵がお母さんに!?
    続きが気になる。

  • 闇の金属器の副作用で死んだドゥニヤ。彼女の葬儀が終わり、アラジンは一人マグノシュタットへ旅立つ決心をする。
    同じく白龍は姉と合流しに、モルジアナは夢だった故郷を見に、それぞれがシンドリアを離れる決意をする中、アリババは…。

    アリババと紅玉ちゃんの友達になるくだりがかわいすぎて困った。
    アニメだと姫抱っことかまであったけど、漫画には無かったのね。アニメGJ。
    こうしてみるとアリババ君と紅玉ちゃんもいいコンビだと思う。もっと親交を深めてほしかった…。
    皆が皆シンドリアを出ることになって、焦るアリババ君。でも武者修行いいと思う。
    マドーラ編はちょっと失速した気分だけど。

  • 白龍が金属器を使ってる!大聖母目が怖い…。白目と黒目が逆。モルジアナ改めて強いな。アリババがそんなのいらねーよって言ったところ本当かっこよかった…。こんなの現実にいたら倒れるわ。w評価は3.5

全74件中 1 - 10件を表示

大高忍の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マギ (13) (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×