MIX (1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.69
  • (61)
  • (138)
  • (140)
  • (16)
  • (0)
本棚登録 : 1416
感想 : 116
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091238672

作品紹介・あらすじ

新連載予告発表以来、日本中で話題となったあだち充新連載「MIX」。全あだちファン待望のコミックス第1巻がついに発売!舞台は明青学園。同年同月同日に生まれた同い年の兄弟とひとつ違いの妹。上杉兄弟の伝説から26年、運命の兄弟は今再び明青学園の扉を開く。そして、物語は始まる---

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「あの」上杉達也、浅倉南たちが卒業して30年を経た明青高校が舞台の話題作。clubhouseの「読書会」で勧められてレンタルしたものです。主人公たちは、まだ中学3年生。進学してから、どんなドラマが展開することになるのか、楽しみです。

  • なにこれー!!!
    おもしろいっ!!!!

    タッチ大好きな私としては、なんかもう1巻だけでわくわくしてるっ!!

    音美ちゃんの亡くなったお父さんの顔がH2の柳くんにそっくりなんだけど…ここもからんでるのかな…?
    それともただのそっくりさんなのか…。
    う~…気になるっ!!!

  • タッチの雰囲気そのままなんだけど、舞台が現代になったまた別のお話で面白かった!立花兄弟&妹の微妙な関係も良い。続きが楽しみです。

  • 2021/03/20 1

  • タッチから約30年後の明青学園を描いたマンガ。
    否定的な感想も多いみたいですが、僕は好きです。
    確かにキャラクターはどのマンガも似たような感じだし、ワンパターンと言われれば否定出来ない部分もあります。
    でもあだち充さんのマンガ、好きです。タッチも好きでした。それだけに、当時と変わらない制服とか懐かしい感じがしていいです。
    物語は始まったばかり。今後の展開が楽しみです。

  • どう考えてもタッチのがいい。同じ設定(ような)設定で、同じ作者が描く必要があるのか?さらにそれなら、前作を越えるべきでは?(個人の意見)

  • はじめてのあだち充。表情豊かじゃない画風が結構好きと気づいた

  • 舞台は明青学園。同年同月同日に生まれた同い年の兄弟とひとつ違いの妹。上杉兄弟の伝説から26年、運命の兄弟は今再び明青学園の扉を開く。そして、物語は始まる―――(Amazon紹介より)

  • タッチのメンバーがどう絡んでくるんだろう?
    あの「1」のユニフォームはあの人のだよな。

  • 1感のみ読了。
    適度な謎と、適度な逆境。安定のあだち充節で読後感がとても心地いい。
    『クロスゲーム』の第一話に衝撃を受けた経験からすると、そのような衝撃は一切ないし、投馬と音美の幼少期の話も少ししかないので物足りなさも感じるが、それは長編のペース配分の問題で、盛り上がりは今後ゆっくり……ということなのだろう。
    音美を兄として見守る走一郎の存在がクールでいい。
    今後、投馬に恋心を抱く女生徒や、走一郎と恋仲になる女生徒も登場するのだろうし、どのように物語が広がっていくのかが楽しみ。

    個人的に血の繋がらない娘を育てている身なので、父親目線でも今後が楽しみ。うちは一人娘なので、兄弟がいたらもっとドラマがあっただろうなぁと色々と妄想する。

全116件中 1 - 10件を表示

あだち充の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×