銀の匙 Silver Spoon (6) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.14
  • (455)
  • (607)
  • (253)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 4650
レビュー : 276
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091241696

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 秋季馬術大会で八軒は緊張する。人が多い中なので他の人も緊張していた。大川先輩がアドバイスしてくれた。それから、御影アキのライバルとして南九条あやめが登場して雰囲気が変わる。いいキャラしている。
    八軒はなんとか大会を終えていた。ルールは減点式なので初めての人は大変だ。
    結構マロンが良い感じで活躍している。御影とマロンが言い感にでかっこよかった。大会の後はジンギスカンを皆で食べるが、八軒はまだやることがあり作業に戻る。これから、八軒にまた色々な事が起こり大変すぎだろと思った。

  • 有名でおもしろいっていうのはいろんなとこで聞いて目にしてきたけど、なんとなく手を出さずにいたのを大人買いで。
    おもしろい!! 青春!!
    でも考えることもあって
    なにより食べ物おいしそう!!
    早く次をー

  • ☆☆☆☆

  • 201301/こんだけ登場人物いてもそれぞれキャラたってて、よくあるキャラ設定だけありきではなく。読後、この世界の住人になりたいと思わせる良作、さすが。

  • 馬尽くしの1冊だった。あと、八軒のお父さん怖い。

  • 大好きな北海道の描写がとてもよく描かれている。ジンギスカンが食べたくなった。(もちろんタレ漬け込み派です笑)

    農業や、動植物の命を食べるということについて考えるきっかけになる。心がほんわか温かくなる漫画で、知らず知らずのうちに引き込まれた。登場人物それぞれが個性豊かで、それがまた良い。

  • なんというヒキ。
    続きが気になるじゃあないか。

    前作もだけどこれだけキャラ多くいて被りがないのって凄い。
    テーマは近いのに。
    実体験からきているのも多いのだろうけれど、それでもここまで作品内に落とし込めるのがまた。

  • 馬術における八軒デビュー戦。
    マロンと心を通じ合わせたときの八軒は幸せそう。 

    待ちに待ったエゾノー祭始まる。
    ついに八軒ダウン?
    頑張りすぎだな。

  • 八軒メッチャ頑張りやさんだなー。
    御影の鈍感っぷりもいい。
    ってか多摩子変わり過ぎ!

  • 1巻~6巻

    ピザの話とマロンの話が好き。

全276件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon (6) (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする