銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館 (2013年4月18日発売)
4.11
  • (335)
  • (493)
  • (210)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 3675
レビュー : 207
  • Amazon.co.jp ・マンガ (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091242853

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本番当日に倒れてしまうのが、勇吾らしいというか、普通の漫画の主人公のようにはいかなくて。自分と重ねてしまうなあ。

  • アキかわえええええ。それにしても、今回もひっじょーに面白く、電車でニヤニヤしつつ、気になる終わり方をするなあと思いつつ・・・いっちゃんはいずこへ・・・!!

  • さらっと精神的負荷をかけてきますね~。
    だがそれがいい。

  • 八軒の家族パートは心にズンとくる。7巻は特に…。
    文化祭の成功と、野球の試合。
    駒場どうなるのか続きが気になります。

  • 八軒入院からの文化祭。パパ怖いっ!子育ては正論ぶちかませばいいってもんじゃない・・・・・私が八軒でも間違いなく逃げるな、うん。生きる為の逃げはアリ!まずは全力で最善を尽くし、それでどう頑張っても駄目で、自分自身納得済みなら逃げてもいいんです!私も自分が壊れる寸前で逃げたことあります。でも逃げるなら全力出しきった後で。いい加減な気持ちで逃げたら後悔します、きっと。そういう意味では八軒兄弟は全力を出し切っての逃亡なのでしょう。自分も経験した道なので妙に納得しました。さて、駒場はどうなるんでしょうね?

  • 八軒のとーちゃんのラスボス感ハンパねぇ!!www 
    おかーさんが止めに入らないあたり、とーちゃんのアレは愛情表現なのかもしれないけれど、息子2人には全く伝わってないご様子w 
    つか、病人を鞭打つのはなぁ……読んでて後味悪かったわ。 

    まぁ、子供には子供の世界があるわけで(その意味ではエゾノーはとてもいい環境だ)その中で八軒くんが成長して、逆にとーちゃんを理解する方が早そうだなww

  • 父こわい。

  • ◎マンガ大賞2012(第5回)受賞作品。

    2013年4月19日(金)読了。

    2013-25。

  • 親が息子の農業高校への進学に対してなにを思ったのかがよくわからないな。
    強制的に捕獲しそうなのに。

  • エゾノー祭なう、な七巻目。荒川氏のこういう『皆でワイワイどっこいしょ!』な展開が賑々しくて好きですよ。そして、いっちゃん。…青春だが、その後どーなる!?気になるぅってとこで終わってんな…。

全207件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする