銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館 (2013年4月18日発売)
4.10
  • (328)
  • (486)
  • (208)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 3557
レビュー : 201
  • Amazon.co.jp ・マンガ (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091242853

作品紹介・あらすじ

大ヒット酪農青春グラフィティ最新刊!!

ここ一番の大舞台…そこに立てなかった役者は、もはやピエロですらない。
エゾノー祭当日の朝、無理がたたって倒れた八軒…
そして、甲子園に一縷の望みを掛け、戦いつづける駒場…
夢を持っている者も、夢を持っていない者も…それぞれに戦いがあり、それぞれに挫折があったりする。
それが青春ならば…エゾノーは、青春の吹き溜まりだ。
八軒の流す汗と涙は、熱くて苦い…
フジテレビ系ノイタミナでアニメ化決定の大ヒット酪農青春グラフィティ最新刊!!


【編集担当からのおすすめ情報】
累計750万部突破の大ヒット酪農青春グラフィティ、待望の最新刊です。
この巻で、物語は大きく動きます。6巻の最後…エゾノー祭当日の朝に倒れてしまった八軒は、どうなったのか?そして、八軒に突きつけられる農業の厳しい現実…青春は楽しいだけではない。現実はときに理不尽…胸に迫るドラマを是非ご覧ください!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 祭りの終わりの巻。

    なんとも切ない。
    来年リベンジしてほしい。

    そして駒場くん…。
    彼はいろんなものを賭けて戦っていたということなのか。
    次巻を読むのが少しこわい。

  • 文化祭を経て、秋から冬の入り口へ。
    少しづつ成長していく八軒達が、頼もしく。

    努力が報われる事、報われない事、
    その積み重ねが青春ですかね、なんて。

    そして次巻より冬に突入でしょうか、
    北海道の冬は長そうだなぁ、、と。

    地味に増えていく伏線も気になりますが、、
    それより、引きの駒場の話が、うーむ。。

  • 泣く。これは泣く。

  • 八軒家の家族の問題は気になるなぁ。そして、駒場君はいずこへ。それぞれのバックグラウンドと、高校生らしい悩みが交錯してきて、これぞ青春。八軒と御影ちゃん、くっつくのか、つかないのか、鈍感同士?どうなるのやら。

  • 八軒の両親が病院に…。ばんばの感想ノートを読んだ八軒と同じく、読んでるこっちも顔ぐしゃぐしゃになった。良かったね、八軒!の後、牛の出産と駒場の道大会、そして駒場の謎。

  • お父さんと八軒くんの間の溝が深まるばかり...なぜお母さんはあんなお父さんを選んだのか甚だ謎である...。
    いっちゃんがこれからどうなるのか、気になる。
    そして雨竜さんにいっちゃんがかけた言葉に感動。チームメイトっていいなって思った。

  • 7巻まで総合。
    これ進路変えてしまう危ないやつです!

  • 友達が貸してくれた。でも欲しい!
    こんなに1冊で笑ったり泣いたりできるなんて。
    両親との確執はきっつい。入院した息子にそれはないだろう、おやじよ。
    でもエゾノーのみんなはあったかい。居場所ができて本当に良かったね八軒。読んでいるこちらも救われる。
    駒場も頑張った!彼もそうだが、みんなそれぞれ抱えているものがあって考えさせられるし、心配だし、関わりたくなる。私たちは次の巻を待つことしかできないけれど、ずっと読んでいるともはや自分の友達のような気持ちさえしてくる。
    …やはり借りてばかりいないで全巻そろえるべきか。手元においておきたいと毎回思わされる本。

  • 泣いてしまった。どうしてこんなに、胸にぐっとくる漫画なのだろう。

  • この漫画、中に果てが見えないくらいの色あざやか〜な自由が詰まっているように思えます。
    舞台がただでさえ広い田舎の学校で、牛とか馬とか、鹿や熊なんかも身近で。

    早起きが出来ない私は読んでいて「私にはとても通えない……」とかいつも思っちゃうんですが、ピザ窯のシーンなんて本当に羨ましかったです。もし入学するんだったら食品科学科か農業土木工学科とかかしら……いやいっそエゾコーの方か……??
    あと倫理的、道徳的な話はともかくベーコンを作るシーンも好きです。チーズや卵も一緒に薫製させるところとか。
    ……食い意地が張っているだけなのか!?

    あと、北海道に結構長く住んでいたので勝手な親近感を抱いております……。
    7巻で出てくるワードの時計台と大通公園の近くには8年? くらい、羊ヶ丘の近く……近くってほどでもないですが、まあさほど遠くないところに2年住んでました。
    あの頃は雑誌なんかも発売日が東京とはずれていて、しかもずれているという事実を知らずに暮らしていたんですよねえ……。


    こういう普通科じゃない高校の話って、本当に異世界のようでまぶしいですね。『ご近所物語』とか読んでてもそう思います。
    逃げでもいいから八軒くんのように異世界に飛び出しちゃうとその後の人生がまた随分違ってくるんでしょうねえ……。逃げとは言いつつ八軒くんの行動って結構勇気と度胸がいることだと思います。

    高校からもう一度人生やり直したいかって聞かれるとめんどくさいから嫌なんですけど、でももしやり直すとしたらそういうnot普通科な高校とか高専とかに行ってみたいです。
    あとやり直し以前に大型特殊の免許もほしい……いやその前に自動二輪の免許を……。

    ……なんだか病んでいる人の文章みたいやな……すみません。

全201件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする