銀の匙 Silver Spoon (8) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館 (2013年7月11日発売)
4.27
  • (431)
  • (442)
  • (138)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 3523
レビュー : 252
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091243461

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ずいぶん前に買ったのに登録忘れていた^^;

    進路に悩みながらも楽しい農高ライフいいな♪
    と思っていたら、離農というとっても重い問題に正面から向き合うのに驚いた。
    普通に高校に行って、将来はプロ野球の選手になって家を継いで…
    そんな大きな夢と小さな幸せとを捨てなきゃならない現実。
    荒川先生は容赦ない。

    両親に、自分のやりたいことを告げるアキ、その隣で支える八軒。
    いつの間にかもうカップル感が出てきたなぁ(笑)
    八軒と結婚して代わりに継ぐとかいうベタな?展開かなーと思ったり。

  • 八軒のやりたいこと、というか。とりあえずの目標が見つかってよかったなあと感じた。
    なによりもとあるキャラの自主退学というのは、衝撃的。
    漫画がマンネリしない要素として大アリな展開で、今後とても楽しみ。

  • なんかわからんが感動的だった。

  • 前巻でいなくなった駒場の所在が明らかになりました。現実が重くのしかかりました。
    駒場の事情を知る前までは、「農家の子供は銀の匙をくわえて生まれてきた、食いっぱぐれがない」と話していた他の生徒達も、駒場の事情を知ってから、実家の借金を気にしたり、一気にリアルモードに・・・。
    八軒がうまい儲け話はないかと先生達に聞いて回って、経営の大変さというか・・・お金を得ることの大変さを知るのはすごく良かった。同時に読者である私達も、どれだけ大変かを知ることができた。
    その他、農家をたたむ時のこととか、アキの将来への決心とか、チーズの作り方とか盛りだくさんで、っすごく良かった!!!o(*^▽^*)o

  • 駒場くんちが…。アキは自分のやりたい事を親に伝える事ができたね。
    みんな高校生なんだよなー。どうしても自分の高校時代と比べてしまう。

  • もともと甘い物語ではなかったけど、一気に現実的に重く。
    駒場一家も御影一家もどの家も、そういう現実と戦ってんだ。
    読み進めるのがしんどかったけど、今後の展開はすごく気になる。
    チーズ作りの場面がすごく楽しそうで、その対比が印象的だった。

  • 駒場が表紙になってる訳が分かった。
    八軒いいね。

  • 厳しい農業経営の現実、駒場くんの選択に涙。
    一方で、困難ながらも夢に向かって歩き始めるアキちゃんの姿が力強い。
    応援する家族の暖かさにもジンとくる。
    八軒良かったな、がんばれww

  • ある意味、
    今の農業…酪農家の現実が垣間見えるような展開。

    やっぱ大規模農業、
    大規模経営、
    設備投資ってなると莫大なお金が掛かるのが現実。
    なんぼ土地が広いって言ったって先立つモノがないと…
    ゆるくないんだべなぁ~ってのがね(T▽T)

    今まで判らなかった農業の事とか八軒を通して伝わってくる。
    駒場牧場の現状…
    つらい現実もきっと八軒の成長に繋がるんだべね。
    これからも色々な経験、
    知らなかった世界を知って
    また八軒は一回りも二回りも大きくなるんだべなぁ!(b^ー°)

  • 漫画で教わる農業の現実・・・。

全252件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon (8) (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする