銀の匙 Silver Spoon (8) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館 (2013年7月11日発売)
4.27
  • (431)
  • (442)
  • (138)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 3523
レビュー : 252
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091243461

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 酪農は大変だけど楽しい・・・・ばかりじゃない!
    シビアな面がきちんと書かれています。
    倒産という現実の厳しさ、後継ぎ問題・・・と、
    知らない事実を知った八軒、大いに悩んでいますが、
    すっぱりと夢を切り捨て、更に新しい夢・・・。
    「俺の牧場が欲しい」とアキに言ったいっちゃん、
    ステキです。思わず涙しちゃいました。

  • 倒産。

  • 駒場家の離農、連帯債務者となった御影家、非農家(八軒)のそれぞれの事情が重く、笑いながら涙するような感じで読了。こんな展開の中で八軒とアキの仲がいい感じで進展しそうで、少しずるいような気もするが応援したくなる。中島先生のチーズ作りは今後の伏線になるのか? アキは家庭教師・八軒の働きで希望進路へ進めるか? 今後が楽しみ。

  • 離農=破産、そして、夢をあきらめなければならない現実。費用対効果=いくらでも時間・労力・資金投入は可能だが、それでは持続的に農業を継続できないし、より良きものを供給することはできない。そして、経済動物であっても、これに対する愛着(これは人間の本能のようなものかもしれない…)はある。農業経営の不安定さとそれを取り巻く感情と理性の対立を明快に。子供たちに読ませたい作品だけどなぁ…。

  • 厳しい現実に直面。スケールの大きい、しかも安定しない仕事ってこういうしんどさがついて回るんだなあ。駒場の気持ちを思うとやりきれない。一方で自分の気持ちをやっと吐き出せたアキに感動。八軒、すごい。みんなそれぞれ頑張ってほしいです。

  • アニメで見た時、あまりに衝撃だったお話。
    ものすごく現実的で、どうにもならない無力感に襲われる八軒。
    駒場牧場が離農。野球も、牧場を継ぐ夢も、ぜんぶなくなった。
    今までは、農業の楽しくて美味しい部分が主に描かれていたけれど、この巻ではお金にまつわる厳しい現実が描かれています。牛たちがみんな連れていかれて、空っぽになった牛舎を見るのは悲しい。
    御影も、とうとう自分の気持ちを両親に打ち明けます。
    付きっ切りで御影の勉強を見る事になった八軒だけど、ラッキーというわけでもない…みたい。

  • 農業の現実を感じた… 駒場の家の事、御影さんの将来、自分で決めて進んで行こうとする彼ら、それを綺麗事ですまさないストーリー。八軒がとっても頼もしく見えたな今回… 無力な彼らではあるけれど、とても真剣に考えて、悩んで… そしてしっかり前を向いて現実に目をむけていた。月並みなセリフになるがみんな頑張れって思いました…

  • 駒場の家が離農。
    借金返済のため、退学。
    八軒、売却される牛の付き添いへ行く。
    アキ、将来の夢である馬関連の仕事に就きたいと親に話す。

  • 農場経営についてのシビアさが描かれている。
    でも、どうにかしたいと悩みながら、先に進もうとする主人公たちがいて、重すぎない内容になっていた。

  • 久しぶりに続きを読んでみたけど、あいかわらず泣ける。
    駒場家の離農。
    アキの将来。
    御影牧場はどうなるのかな・・・。
    金儲けはカニと、先輩の靴下のにおい攻撃で笑った。

全252件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon (8) (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする