銀の匙 Silver Spoon (9) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館 (2013年10月18日発売)
4.24
  • (357)
  • (405)
  • (124)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 3204
レビュー : 190
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091244741

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 成長を描かせたらこの人の右に出る人はなかなかいないよな。
    ファンタジーでさえすごかったのに、現代劇でもこのクオリティ。
    すごすぎる。

  • いいなあ豚肉ファンド…1口入りたい

  • 冬到来~悲しいクリスマス(男子)までの間に、
    札幌にちょっと帰った八軒の成長ぶりや、
    豚の解体、御影マジ受験シフト&八軒頑張る!や、
    豚肉ファンド開始だの、いろいろ満載です。
    あ、兄の結婚も!
    八軒と母の交流は良かった~。
    また、タマコの言葉に“信用できる”・・・八軒、良し!

    八軒の勉強法、「三月のライオン」の零の勉強法と
    同じく、とてもためになりました。

  • 新刊を買ってきて即読了。八軒が父に反駁するシーンが良かった。後に出てくる「おまえは経済動物より下だ」の場面で二度笑える。母の突然の学校訪問や豚肉ファンドなど、この巻も笑いどころが一杯。それでいて各話の結びにはホロリとさせるコマが入る。さすが!

  • 母の愛の大きさ、そして父の存在の大きさ。自分で考え行動するようになって初めて知る大人の重み。そして、八軒は育てた豚の解体・加工過程にまで目を向ける。コメディなのにそれに止まらない。

  • 父親にちゃんと反論できた八軒。大きくなったねえ。失敗していいんだ、というメッセージ、親が一番子供に伝えないといけないことだと思う。母親もなんかおどおどしてて好きになれないなあ。他のお母さんたちがたくましいからそう感じるのかな。 タマコが好きです。

  • スプラッター映画を見て、血の出かたが違うとか、シビアなコメント。ホラー映画も怖くなくなるね。
    実家に帰って親と向き合うことになった八軒。その関わり方にも変化が。
    ベーコンの解体現場を見てみる事になった八軒達。飼育したベーコンたちが加工されていく現場を見るのは、勇気のいる事だったと思います。
    そして、御影の馬も…。
    これが、現実なんですね。

  • 11巻まで読んだ
    主人公も、将来のことを考え始めた。
    でもまだやっぱり甘くて、お父ちゃんにギタギタにされてる(笑)

  • 八軒頑張ってるな… 八軒の父親はとても不器用というか、言葉足らずな人なのではと思った。父親の刺さるような言葉の裏側には何かあるのかな、あって欲しいなぁと… 思うのは甘いですか。そして今回はついつい母親目線で読んでいましたね~。学校では相変わらず八軒を中心に色ん事が起こって楽しそう♪ 豚肉ファンドって凄いな!! 御影さんとも進展があるようで、なにもない「リア充(仮)」には笑った♪

  • シビアな現実と向き合うなかで、「絶対、この大学に入ろう」と、御影が決意を固めるシーンが印象的でした。

全190件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon (9) (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする